2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.30

この曲に惚れた。

現在、とある曲にメロメロ(死語?)な鈴藤ですこんばんは~。

元 T-SQUAREのSAX・EWI奏者:宮崎隆睦さんと、キーボーディスト:高橋亜土さんによる新ユニット“A.O.I”のアルバム「Mouth to Hands」の曲であります。
こちらの一番上に載ってるジャケ写をクリックすると、1曲まるごと試聴できます。太っ腹だなー)

この1曲に惚れて、発売日と同時に某ネットショップで注文しましたが……品切れにつき入手できませんでした。
なので次に某Amazonで注文。近日中に届く予定♪

とってもオトナな雰囲気で素敵だなーと思ったです。
途中のコーラスもどきが正直いらん気がするけど ( ̄▽ ̄;
テナーサックスの音色もなかなか良いなあ。うっとり。

これを聴いてたら、無性にワインが飲みたくなったです。
というわけで、一昨日の投稿での行動の理由はコレだったのでした。

2004.11.29

1ヶ月近く経って

新しいお札になって約1ヶ月、初めて新札を手に入れた鈴藤ですこんばんは。
しかも千円札だけ。ほんとに流通してるんですか?

で、野口英世をまじまじと眺めてみましたが……表情が何だかコワイです(^-^;
左目の周りの陰影が妙につきすぎな気が。

今日、何かで読んだのですが、野口英世って借金しまくってた人だったんですね。
(昔伝記を読みましたがすっかり忘れてた…)
そんな方をお札にしてよかったんだろーか。なんて。

ところで最近二千円札を見ませんが、どこにあるんでしょうか?(笑)

2004.11.28

久しぶりに飲酒。

日中にドライブしてきた鈴藤ですこんばんは~。

お気に入りのお店、三水村にある「サンクゼール・ワイナリー」(斑尾高原農場)本店に行ってきました♪
お店もさることながら、周りの風景もステキな場所なんですよ~。
晩秋ということで植物が枯れ気味なので今の景色はいまいちですが、春から夏にかけては素晴らしいです。

「ナイアガラブラン」というワインがかなりお気に入りでして、久しぶりに飲みたくなって行ってみたのですが、あいにくなかったのです。。。
ということでなぜか別のワイン「アップル」を購入。(ハーフボトル)
カクテルは辛口の方が好きだけど、ワインは甘口のものを選んでしまいます。

帰りに、少し残った不満を解消してみるべく、サンクゼールの小布施店へ寄り道。
(ハシゴかいっ)
こちらにはありましたよー♪ 秋限定の「ナイアガラ オータムブラン 2003」。
ハーフサイズが無かったのでフルボトルを購入。飲みきれるかなぁ。

というわけで、今、アップルの方を飲んでます。おいしいです~(^-^)
ナイアガラの方は休日の前の夜にでも飲もうかな。


ところで、上記のリンク先を見てたら、普通のナイアガラブランが12/1より出荷されるとの記事が。そちらはハーフボトルもあるらしい。もしかして早まった…?(汗)

2004.11.27

出張でしたよ

予定どおり、日帰りで東京に出張してきた鈴藤ですこんばんは。
来週の土日は泊まりで名古屋に出張ですよ。
休み返上。過労死してもいいですか(泣)


今日一日の流れを書いてみます。

6:30 起床。かなり眠い。やはり3時間睡眠はよくないです。

7:30 乗るはずのバスに乗り遅れる orz
    タクシーに乗って行こうかとも思ったけど、車で長野駅まで行くことに。
    日中ずっと停めても\1500の格安駐車場に車を入れて、駅へ。

8:30 新幹線で東京へ。
    隣に座ったオバサマが尋常でないほど薔薇の香りの香水をつけてた。
    「WELCOME TO THE ROSE GARDEN」って感じ。(謎)
    ここまでくると香りも立派な凶器だな。

10:50 仕事場到着。今日の会議の司会を仰せつかる。一日中はきついです(汗)

12:30 議題てんこもり。いつもは昼食をとりにどこかへ出かけるのですが、今日は
    お弁当を配達してもらって、食事中も話し合いをすることに……。

17:00 会議終了。
    帰りにお茶していくというので同行したら、なぜか飲み屋に連行された(滝汗)
    焼き鳥おいしー♪ ……しかし帰りに車を運転するので飲み物はお茶。

19:00 帰途につく。
    市ヶ谷から電車に乗って東京駅に行く途中、秋葉原で乗り換えるはずが
    乗り過ごして浅草橋まで行ってしまった(鬱)
    戻って秋葉原から乗った山手線の車両で激しい異臭が。何だったんだろう。

19:50 新幹線で長野へ。
    混んでたけど何とか座れた。三人掛けの座席の中央。
    両側に座ってた男性(推定50代と20代)が、二人とも肘掛独占状態。
    しかも、二人の肘が私の席の方に領空侵犯していて、ちょっと動くと両サイドの
    脇腹を肘でくすぐられるはめに。これは何かの罰ゲームですか(涙)
    そしてオジサマ、靴を脱いで足をこっちへ盛大に向けるのはやめれー!

21:30 長野到着。車で家に帰りました。


とにかく臭いに悩まされた一日でした(苦笑)

2004.11.26

本のタイトルで

鈴藤ですこんばんは。今日は本の話です。

図書館で返却本を棚に返すときに他の本も見てたら、あることを思い出しました。
「ちびまる子ちゃん」で有名な、さくらももこのエッセイについてです。
何年か前に出版された3部作のタイトルが、つなげて読むと一つになるという話で。

「あのころ」「まる子だった」「ももこの話」

「まる子だった」が出たときは、こんなオチが用意されてるとは思いもしませんでしたねー。最初からそういう予定だったのかなあ。

そこで試しに、ミステリのタイトルで文章を作ってみようかと。
さすがに一人の作家の作品から選んで作るのは難しいだろうということで、前にもネタにした「本格ミステリファン度調査」から選んでみました。
そこでできたのがこちら。

「ある閉ざされた雪の山荘で彼女が死んだ夜、今はもうない頼子のために、たったひとつの煙か土か食い物(六枚のとんかつ)すべてがFになる」

……意味不明 _| ̄|○
結論:森博嗣は偉い(謎)

2004.11.25

一発終了♪

鈴藤ですこんばんは。
昨日今日と寒い日が続いてますなー。体調崩さないように気をつけましょうね。

さて今回は、今日初めて知ったPCの裏技をご紹介します。
個人でPC持つようになってはや9年。もっと早く知ってればよかった…。
ご存じだったらすみませぬ。

えーと、Windowsをお使いの皆様、終了(シャットダウン)の手順はどのようにしてますか?
一般的なのはこれですかねぇ。
●[スタート] → [Windowsの終了](XPなら[終了オプション])

昨日までの私はいつもこのやり方をしてました。
●[Alt]+[F4] → [Enter] (XPだと[電源を切る]を選んで[Enter])

しかし! もっと簡単なやりかたで終了する方法があるのです。
デスクトップに作ったショートカットをダブルクリックするだけで一発終了ですよ♪

やり方は、、、
1.デスクトップ上、何もないところで右クリック。
2.[新規作成]→[ショートカット]を選び、「ショートカットの作成」ウィザード画面を出す。
3.この先、入力する内容がOSによって違います。
 Win95、98の場合……「rundll.exe user.exe,exitwindows」
 XPの場合……「shutdown -s -t 1 -f」 (-tのあとの数字は終了するまでの秒数)
4.入力したら、[次へ]→名前はどうでもいいので適当に。で、[完了]。

これでOKです。
とりあえずXPの方は確認済み。
秒数を1にしておくと即座にシャットダウンできます。

あー、WinMeだとか2000だとかの場合は判りません(汗)
2000は上記の両方とも不可でした。
というわけで該当OSの方はお試しあれ♪

2004.11.24

「ソウ」観ました

鈴藤ですこんばんは。お約束どおり昨夜の話をするです。

タイトルでお解りでしょうが、池袋に寄って映画を観てきました。
「ソウ(SAW)」というサスペンス・ホラー映画です。
(↑ホラーがダメな人は見ないよーに)
なぜそんな場所まで足を伸ばしたかというと、やってる映画館が少ないからなのであります。長野じゃ上映してないんだよお(泣)

18:15からの回に行ったら、チケットを買う前の時点で満席・立ち見とのことで。
しょうがないので立ち見しましたよ。くはー。

えーと、わたくしホラー映画結構好きです(^-^;
前評判として「セブン」や「CUBE」みたいな面白さだと聞いていたので、かなり期待して観に行ったのですが、、、いやーすごかったですよ。
極限状況に置かれた人間の心理の怖さだとか、自分では考えられないような恐るべき“ゲーム”の仕掛けだとかが、怒涛のように迫ってきて。終盤の展開はジェットコースターみたいな疾走ぶりで、観終わったときにはグッタリしてました…。
とにかくラストがすごい。いろんな意味で(笑)

これは今年観た映画の中でもかなり上位ですわ。
「セブン」「CUBE」「メメント」「羊たちの沈黙」などが面白かったという人にオススメ。
こんなすごい映画を20代の若者が撮るなんてなあ。次回作が楽しみです。

2004.11.23

いつもの出張+α

せっかくの祝日なのにまたもや出張で東京へ行ってきた鈴藤ですこんばんは。
今度の土曜日も同じ出張があります(泣)
もう、目をつぶってても長野から麹町まで行けますよー!(と言いたくもなる)

今日は会議が始まる時間がいつもより早かったので、家を出たのは7:00。
そして帰ってきたのは23:20です。
……っていうのは、仕事終了後に池袋に寄り道してきたからですが(^-^;

もう一つ、スペシャルな出来事が。
朝、長野駅に行ったら、制服を着た数百人の集団がいました。
「うわー、修学旅行だー」と思って遠くから眺めたら……なんか見たことある制服だった。

今年の4月までいた前任校の皆様でした(;´Д`)

とりあえず、先生方に挨拶しました。
久しぶりにお会いしたので近況報告などしまして。
顔見知りの生徒がちょうど振り向いたりもしたので、手を振ったりして。
あー。ここの学校の雰囲気、やっぱり好きだなあ。

そういうわけで、同じ新幹線に乗って東京まで行きました。
私もそのまま一緒に沖縄行きたかったなー(´・ω・`)


今日はすっかり疲れてしまいました。もう寝るです。
寄り道の行方は明日書きますね。ではでは~。

2004.11.22

4勝1敗。

運がいいのが唯一の取り柄だと思ってる鈴藤ですこんばんは。
冗談のようですが結構本気です(^-^;

今セブンイレブンで「ご愛顧感謝フェア」が行われてますね。711円以上の買い物でクジをひいて、当たり券が出るとその場で商品がもらえる、というやつです。
これが、現在のところ5回ひいて4回当たりの状態なのです。
このキャンペーンは当選確率が相当高く設定されてるとは思うけど、それにしてもいい線なのではないでしょうか。
しかも、もらった商品は、買おうかと思って止めといたものばかりですよ。
どーだ!(笑)

私の運の強さは、発揮されるシチュエーションが割と限定されてます。
「自分の手でひくタイプのクジ」のみ。
今までかなり当ててます。
だから、福引とかでガラガラと回して玉が出て……なんてのはダメ。
宝くじが当たらないのも、窓口のおばちゃんorおねーさんが選ぶからだー。

もし購入する宝くじの券を自由に選べたら、1等は無理かもしれんが2等ぐらいなら当てる自信ありますよ。(8割方本気)
というわけで、そのような宝くじ売り場があったら、私を連れていって買わせるといいと思います。その場合は購入資金出してください。
当たったら山分けしませう(笑)

2004.11.21

湖畔でピアノコンサート

和泉宏隆さんのソロ・ピアノ・コンサートに行ってきた鈴藤ですこんばんは♪
場所は、下諏訪のハーモ美術館ティーセントホール。

すまん。結果的に10月4日の投稿で嘘ついた。
自由席で、最前列の席が空いてたので座っちゃいました~(*´д`)

初めて入ったホールだったのですが、なかなか雰囲気が良くてよかったです。
広さは教室2つ分くらいかな?
観客は70人ほど入ってたかと思います。
床がフラットなので、ピアノまでの距離がとっても近かった。
3~4mほど先に和泉さんが! うはー。たまらん。(謎)

肝心のコンサートは、もう大満足でした。
全身がピアノの音色に包まれたかのように感じましたよ。
コンサートならではの、音が消えるまでの数秒間があれほどいいものだとは思いませんでした。

和泉さんご自身もこのホールがお気に召したらしく、「来年もぜひ呼んでください」とおっしゃってました。もしそうなったら私、来年も絶対行きますよー。

というわけで、ここらでセットリストでも書いときます。(うろ覚えだけど)

第一部
 Heart Land
 Three Swallows
 In The Stream
 Sky, So Blue
 Fragile (Sting)
 Travels (Pat Metheny/Lyle Mays)
 Angelite
 May be Tomorrow
第二部
 赤とんぼ (山田耕作)
 White Mane
 11月の雨
 宝島
 Forgotten Saga
 Mirage in the Valley
 Silver Girl In The Mist
Enc.1 Twilight In Upper West
Enc.2 (タイトル聞き取れず…。ジャズのスタンダードナンバーだそうです)
 ※ ( )はカバー曲。それ以外は全て和泉宏隆さん作曲

やったー! 願いが通じて「White Mane」を聴くことができました。
その他、スクエア時代のが4曲も。満足満足。
次は「LEAVE ME ALONE」が聴きたいのでよろしくお願いします。
(だからこんなところ見てないって(^-^;)

コンサート終了後、会場でCDを買った人対象のサイン会があったのですが、
アルバム6枚全て発売日に購入した人へのご褒美は無いんですかー(泣)
さすがに、サイン欲しさに同じCDをまた買うような余裕はないです……。

2004.11.20

「ハウルの動く城」観ました

今日公開初日の「ハウルの動く城」を早速観てきた鈴藤ですこんばんは。

これから観る方々のためにあまり詳しく書かないでおきますが……
年代を問わずに楽しめそうなファンタジー作品ですが、小さいお子さんには分からない描写があったかも。理解できなくても楽しめるでしょうけどね。

木村拓哉の声、思ってたよりも悪くなかった。
もっと悲惨な状態を想像してました(苦笑)
ハウルの弟子のマルクルがヒジョーに愛らしかったですv

原作を読んだ後で観たのですが、やはりそれなりに変えてあるなぁと感じました。
あのエピソードが入ってなかったよー。じたばた。
でも、原作よりもアニメの方がハウルのかっこよさが出てた気がするので良し(笑)

私としては、「もののけ姫」や「千と千尋~」よりも楽しめたです。
これから公開される諸外国ではどんな反響があるんでしょうね。

2004.11.19

前略、チケぴ様

大晦日のT-SQUAREのライブチケットを入手して一安心の鈴藤ですこんばんは。
公式サイトに発売日のことが書いてなくて、もうちょっと先かと思ってたので、知らないうちに初日が過ぎててちと焦ったです。

「チケットぴあ」で検索したら、その時点ですでに△印でした。
(空席状況がマークで出るのです。○:余裕あり △:お早めに ×:残りわずか 云々)
発売2日目にして「△」。珍しい。いつもはもっと余裕あるのに(^-^;
今年の会場は昨年よりも狭い場所なのでもっともな話ですな。

いつもだったらコンビニでチケット買うのですが、そんな状況の中で「もしも買えなかったら困る」と思い、結局チケぴで購入することにしました。
……その日から5日経過。

いまだに「△」なのは罠ですか orz

こんなことなら郵送サービス料600円もかけずに別の場所で買ったさー!(泣)
関東甲信越のフュージョン人口なんて所詮その程度だということだな、きっと。
やれやれ。勉強になりました。

で、郵送されたチケットが今日届きました。
サブタイトルに「2→5 バンド復活宣言!」って書いてあったです。
おお。噂は本当であったか。しかしこんなところで発表せんでも。
台風で中止になった野音ライブで大々的に発表したかったに違いない…(苦笑)


そうそう、今回利用したチケぴですが。
チケットをジャンルから選ぶときに音楽の項目を見たら、
「ロック・ポップス邦楽」 「ロック・ポップス洋楽」 「クラシック・オペラ」 「その他音楽」
となっていて、スクエアは予想通り「その他音楽」でした。
すごくおおまかに言うとジャズなので前の3つには属さないから、そこまでは納得。

でも、「その他音楽」の中で、
『マツケンサンバスペシャルコンサート 』
『美川憲一』
『パク・ヨンハ』
…と同列なのがどーにもこーにも (;´Д`)
「ジャズ・フュージョン」の項目作ってくれないかなー。無理か。

2004.11.18

夜露死苦。

鈴藤です魂蛮破。
漢字がおかしくなってるのはこちらのサイトのせい。

族言葉変換スクリプト
その名のとおり、「世の中のあらゆる言葉を暴走族風の言葉「族言葉」に変換してしまうページ」だそうです。

お約束としてHNを変換。
りんどうりここ → 凛怒有離琥々
……なんか強そう(笑)

あとは、三国志登場人物を変換してみたりしました。
真・三國無双シリーズでお気に入りの二人は、、、

劉備(劉玄徳)    りゅうげんとく  → 龍厳斗苦
諸葛亮(諸葛孔明) しょかつこうめい → 諸喝紅冥

この名前だったら羽扇でも速攻で1000人斬りできそうです。ステキ☆w

2004.11.17

残念賞。

今年の夏から秋にかけて、サントリー ウーロン茶の「iPodプレゼントキャンペーン」に応募するためにせっせとウーロン茶買って飲んでた鈴藤ですこんばんは。

一回応募するのに16ポイント(=ウーロン茶16本)必要で、わたくし3回応募しました。
鈴藤の半分はウーロン茶でできてるといっても過言ではない(笑)
応募の時点で当たりかハズレかわかるシステムだったので、結局3回ともハズレて「orz」状態だったのですが、昨日、ダブルチャンスのCDが当たって送られてきました。
CM曲が入った「キャンペーン限定オリジナルCD」です。

5曲入ってました。
 「Spicks and Specks」
 「少女模様」
 「さよならを教えて ~It hurts to say good-bye~」
 「Like a virgin」
 「大きな河と小さな恋 Sweet Version」
1曲目は、こちらのサントリーウーロン茶公式サイトで流れてる曲です。

なかなか良い感じのCDなんですけど、やっぱりiPodのほうが欲しかったなあ。

2004.11.16

某掲示板関連で

鈴藤ですこんばんはー。

えー、巷で話題の本『電車男』ですが、30万部突破したそうですね。
映画化ってどこまで話が進んでるんでしょうか。
最近、ネットの投稿文だとかコンテンツだとかを本にしたもの多いなあ。

ついに今日。生徒からリクエストがありました。
「『電車男』入れてください」と。
き……来た~~~(;´Д`)~~~。
まあでもこれくらいならいいかと思って、購入することにしました。


ついでに先日あった出来事を。
職場で同室の先生のところに追試を受けに来た生徒が、答案をチェックしてもらって合格だと言われた瞬間、
「キタ―――――!!!」
と言っておりました。
思わず出たんだろうけど、先生に向かって言うのはどうかなあ(汗)

2004.11.15

激しく見づらい

鈴藤ですこんばんは。今日は毒吐きモードです(汗)

うちの会社(w でもイントラネットを利用してる(整備してる? 適切な言葉が分からん)のですが、今日そこの掲示板の書き込みを見てたら、なんつーかこー、ふつふつと怒りが沸いてきました。

その掲示板は、とある業務の報告をするという場所でした。
内容とか日付とかを入力フォームに入れてくと、一覧表になるというもの。
いろんな部署の人達が書いてらっしゃいましたが、その一覧表の日付表記が人によって違っていて。

例えば、「2004年4月1日」という日付だったら、
 2004/04/01
 04/04/01
 20040401
 16/04/01
 16.4.1
 16.4.1
これらが混在していました。
統一しようという気はないのか、あんた方はー!

まあ、そもそも、入力フォームがただの長四角の枠だったのがいけないとみた。
どうにかしてください>担当者様 (こんなとこ見てないって(;´Д`)

2004.11.14

説明に困る職業

明日からの激務に備えてのんびりと休日を過ごしてた鈴藤ですこんばんは。
今週は忙しくなりそうですよー。

今日は、みづほさんのblogに先日コメントしたときに思い出したことを書いてみます。

社会人の皆様、勤め先の話を他の人にするときにこんな言い方しませんか?
「うちの会社は、……」。
こういう場合、公務員だとどう言えばいいか困るわけで。

県職員なら県全体、市職員なら市全体とかを表わしたいとき、どう言うべきか。
「うちの職場は…」っていうと、個々の勤務先限定の話みたいですし。
他県の職員と話すときは「うちの県は…」でいいんだけど。
「うちの組織は…」だと秘密組織みたいだな(笑)
それこそ、『踊る大走査線』みたいに本店とか支店とかいう言い方でもしないと、うまく説明できないんですよねー。


職業を質問されたときにありがちな会話の流れ。
「お仕事は?」
「公務員です」
「勤め先は市役所とかですか?」
「学校です」
「あー、先生ですか~。何の教科ですか」
「いえ、教員じゃないです」
「それじゃ…?」
「図書館の司書をしてます」

そこまで説明しなくてもいいようなときにも、ここまで言うはめになりがち。
場合によっては、学校名までカミングアウトすることになります。
相手は「会社勤めです」ですまされることもあるのに。不公平だー。

というわけで、本当の職業を言わなくてもいいような場では、私は職業詐称をすることがあります(笑)(←今日のポイント)

そんなときにありがちな会話の流れ。
「お仕事は?」
「サービス業です」 (公務員って皆さんにサービスする仕事だもん♪)
「そうなんですかー」
  終 了 。
大抵の場合は、それ以上つっこまれません。

ですが、前にあったケースではこんなことに。
その後も話をしていて休日の話になり、「土日は休みです」と言ったら。
「土日が休みのサービス業って珍しいですね~」
Σ( ̄□ ̄;) しまったー!

これからは、その辺も矛盾がないように話をしたいと思います (ヲイ

2004.11.13

これ欲しい。

休日だったけどまたもや出張してきた鈴藤ですこんばんは。
でもでも、8~10月の出張の旅費がやっと今日出たのですよ。
総額 約 11万円。
きゃー☆ 明日は豪遊だー!(笑)

……という話とは関係ないですが(ヲイ
最近ネットで見かけて、なんとなく欲しいと思ってしまった物を挙げてみるです。

おもしろMy印鑑
中ほどにある「ワンポイントはんこ」を仕事で使ってみたい♪

ミニ自動販売機型保冷庫
遊び心満載すぎー!
家で一人で楽しむのはさすがにアレですが。職場ならいいかも。
やはりお約束として、ディスプレイする缶の一つはパッケージを「?」にしておくべきだな。何が出るかな~♪

ケーキのペーパークラフト
残念ながら現在は配布を一時中止してらっしゃるとのこと。
実は前にこちらのサイトで申し込みをして、「いちごのロールケーキ」のデータだけ戴いたことがあります。
作ってみましたが、思ってたよりも難しかった……。
でも完成品の見た目はかなりよく、美味しそうだったです(笑)

2004.11.12

本格ミステリ大好きv

鈴藤ですこんばんは。昨夜に引き続き、本の話です。

昨日の読んだ本リストを書いていて気づいたんですけど、小説のほとんどがミステリでした。好きだね~。
そーゆーことで、どのくらい本格ミステリが好きなのか、客観的に調べてみました。

『本格ミステリ・クロニクル300』(探偵小説研究会・編)で選定された、300冊の小説のタイトルを載せたサイトがあります。↓
「本格ミステリファン度調査」
ここに挙げられてる本で既読のものを数えてみました。

300冊中、158冊。

おおっ。なかなかの冊数です。
しかも1~150位だけで数えると、150冊中 124冊が既読であります。


結論:もうすこしがんばりましょうw

2004.11.11

7~10月に読んだ本

鈴藤ですこんばんは。
このページの左下の方に読んだ本やらお気に入りの曲やらを書いて、たまに更新しております。
しかし読んだ本全部についてコメント書いてる暇がなく、未記入本が溜まる一方なので、ここらでまとめてタイトルだけでも書いておこうかと。
興味をひく本があったら、↓等のオンライン書店で検索してみてください。(手抜き)
オンライン書店bk1
Amazon.co.jp: 本

■小説
『霧舎巧傑作短編集』 霧舎巧/講談社ノベルス
『零崎双識の人間試験』 西尾維新/講談社ノベルス
『ifの迷宮』 柄刀一/光文社文庫
『アイルランドの薔薇』 石持浅海/光文社文庫
『水の迷宮』 石持浅海/光文社(カッパノベルス)
『チルドレン』 伊坂幸太郎/講談社
『グラスホッパー』 伊坂幸太郎/角川書店
『毒入りチョコレート事件』 アントニイ・バークリー/東京創元社(創元推理文庫)
『Missing―神隠しの物語』 甲田学人/メディアワークス(電撃文庫)
『召しませ福を はっぴぃセブン』 川崎ヒロユキ/集英社(スーパーダッシュ文庫)

■エッセイ
『ウはウミウシのウ ;シュノーケル偏愛旅行記』 宮田珠己/小学館
『キライなことば勢揃い:お言葉ですが… 5』 高島俊男/文藝春秋(文春文庫)

■ルポルタージュ
『就職がこわい』 香山リカ/講談社
『日本はどう報じられているか』 石澤靖治/新潮社(新潮新書)
『セックスボランティア』 河合香織/新潮社
『ニート ;フリーターでもなく失業者でもなく』 玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎
『指紋捜査官』 堀ノ内雅一/角川文庫
『顔面バカ一代 ;アザをもつジャーナリスト』 石井政之/講談社文庫

■その他
『新聞記事が「わかる」技術』 北村肇/講談社(現代新書)
『香水の教科書』 榎本雄作/学研
『メール道』 久米信行/NTT出版
『あなたの人生の残り時間は?』 織田一朗/草思社
『的を射る言葉』 森博嗣/PHP研究所
『キッパリ! ;たった5分間で自分を変える方法』 上大岡 トメ/幻冬舎
『くつしたをかくせ!』 乙一・文 羽住都・絵/光文社


他にも読んだ本あったけど、、、記録し忘れてました orz

今読んでる最中なのはこれ。
『龍臥亭幻想』(上) 島田荘司/光文社(カッパノベルス)
御手洗潔と吉敷竹史が夢の競演!……がウリらしいけど、吉敷さんはどーでもいいや、私の場合。(マテ

2004.11.10

とある文庫に大ハマリ

集英社コバルト文庫のとある作品にはまってしまった鈴藤ですごきげんよう。(笑)
……という挨拶でわかる人はわかる。

えーと、『マリア様がみてる』(今野緒雪 著)です(自爆)

随分前から気にはなってたんですけど、イマイチ手が伸びなくて。
読もうと思ったきっかけの一つは、如月みづほさんのblog「あいらいく…」の8/17の記事。(トラックバック初使用♪)
そちらを読んで、何だかだんだん読みたくなってきまして。

で、もう一つのきっかけは。
某掲示板に書かれてた、綾辻行人著『十角館の殺人』のパロディの文章を見たこと。
この『十角館』では、主な登場人物がお互いにニックネームで呼び合ってます。ミステリ研究会に所属してる人たちなので、有名なミステリ作家の名前をとって、エラリイ、アガサ、ポウなどと呼んでるのです。
『マリみて』でも、生徒会のメンバーが本名とは別の名前で呼ばれてたりするので、それにひっかけてあるのですな。

ということで、その文章のURL張っておきます。
『十角館』のラストのパロディなので、ネタバレOKな方のみお読みください。
そのうちdat落ちになってしばらく読めなくなりそうなのでご注意を(笑)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1097245192/418


そんなこんなで読み始めた『マリア様がみてる』。

……。
ごめん。誤解してた。
もっとすごく百合っぽいと思ってた……(滝汗)
同じコバルト文庫の『炎の蜃気楼(ミラージュ)』と同じくらいのヤバさ加減かと(恥)
ふつーに学園モノじゃないですか。面白いですよ。
これだったら、川原泉さんの『笑う大天使』に出てくる聖ミカエル学園と大して変わらんな。(そうか?)

2巻までは買って読みました。
これ以降は図書館で購入しようかなー。生徒から希望があれば無問題♪( ̄▽ ̄)

2004.11.09

5→2→5?

鈴藤ですこんばんは。

某所で入手した情報ですが、、、
私が好きなミュージシャン “T-SQUARE”について。

2000年までは5人のバンド形式で、その後2人のユニットとして活動されてますが、来年からまた5人になるとかならないとか……?
来年といわず、今年の年越しライブからかもしれないけど。
やはり年越しは行かなきゃです。うはー。


ところで。
10月9・10日の「台風襲来のさなかに東京へ行ったらT-SQUAREのライブが中止になっててガックリ、我らは人体観るために東京へ来たのか事件」(10/10の記事参照)の詳しい顛末が、丞相のサイト「ネオクリティカルヒット」のDiary→10月と11月の間にある「特別編」にてupされました。
興味があるかたはそちらへどうぞ。
いやー、自分が経験したことだけど視点が変わると面白いなあ。
(ちなみにそこで殿と呼ばれててモミアゲ長いのがワタクシですw)

2004.11.08

今更ですが「マイヤヒー♪」

鈴藤ですこんばんは。
全然知らない方にとっては謎のタイトルですね、今日の投稿。

えーと、9月頃からネットで騒ぎになってる曲がありまして。
私が知ったのは最近ですが。
モルドバの男性3人組「O-Zone」の曲で、タイトルは『Dragostea Din Tei』。
夏にヨーロッパあたりでバカ売れしてたらしいです。
日本ではもっぱら「マイヤヒー」と呼ばれてるようですね。

百見は一聞にしかず(笑)
「マイヤヒー」等でググると死ぬほどいろいろ出てくるので、こちらのサイトが便利です。
「マイヤヒー まとめ」
下の方にある、動画(公式PV ※RealPlayer必要)やフラッシュをご覧くだされ。

もう、ここんとこ毎日聴いてますよ。クセになります。
日本語や英語以外の曲でネットがこんなに盛り上がるのって「Hatten」以来?

2004.11.07

人生前向き。

みづほさんと久々に会ってマターリしてきた鈴藤ですこんばんは♪

いろいろと判ってる相手だから話せる、という話がたくさんできてよかったです。
やっぱり、某サイトの話だとかは相手を選ぶ必要がありますからねー。

お会いするたびに思うんですけど、みづほさんと話をしてると 「よし、明日からも頑張ろうっ」っていう気分になるですよ。私もそんな存在になれたらいいなあ。
また遊びましょうね~。<私信

てなわけで、来年実施予定のとあるプロジェクトを進めていこうと思います(謎)

2004.11.06

Pinky好き♪(その2)

鈴藤ですこんばんは。
こんなネタで2回も書くことになるとは思いませんでした(汗)

えー、昨日の投稿を終えたあとでいろいろググってみたら、好きだったゆず味のピンキーが、サークルKサンクスでのみ販売されていることが判明しまして。
近場のサークルKに行って買ってきましたよ。(サンクスは長野県にないのです)

この商品、正しくは「スペシャルピンキー じゃぱにーずふるーつミント」。
ゆず・梨・みかんの3種が一つのケースに入っておりました。

さっそく食す。
……。
ん~、大粒のせいか、何かビミョーに違う気がするです。おいしいけど。
やはりピンキーは柑橘系が良いですなー。


ところで今日テレビでやってた「世界一受けたい授業」という番組で、“音象”が取り上げられてました。聞いた音から受ける印象、言葉を発することによる効果についての学問らしいです。
そこで、「お菓子の名前にはP音がつくものが多い」と言ってました。子どもがおねだりしやすい音なんだそうです。ポッキーとか、ポリンキーとか。ピンキーもそうですね。

2004.11.05

Pinky好き♪

ピンキーモンキー好きだけど実はフレッシュモンキーも好きな鈴藤ですこんばんは。
あの“キュピーンとした目”がたまりません(謎)
まあ皆さんご存知でしょうが、Pinkyというのはこれのことです。

今日、丞相からのメールでスペシャルピンキーなるものを知りました。
(我らの中ではデカピンキーという名で決定)
一般的なものよりも粒が大きいのだそーな。
うわー。全然知らなんだ。つーことで仕事帰りにコンビニ直行。

そのスペシャルピンキーはなかったのですが、ほぼ一緒の「のどピンキー」なるものを発見。大粒ですなー。
すかさず 「のどピンキー なめらかミルク」「同 すっきり梅」「ピンキー みかんミント」(以上、新商品だそうです)を購入。何だかなー私(汗)

この手のミント系タブレット、以前からよく買ってます。といってもピンキーとフリスクばかりですが。何かねー、妙に好きなんですよピンキー。
あの香料といい、酸味料といい、紅花色素といい、アカキャベツ色素といい……ってそんなん入ってたんですかー!(上記のリンク先を見ながら)
…コーラ味のところの着色料「ココア」て何だ、ココアって。コーラで着色してくれ(笑)

春に台湾行ったときも、セブンイレブンに入ってピンキー買ってたしなあ(苦笑)↓

pinky.JPG
ストロベリー味。なぜか未開封w 39NT$=125.65円(現在のレートで)

ちなみに、今まで食べた中で一番好きな味は、ゆずです。
復活してくれないかなー。ゆずミント。

2004.11.04

街が消えた

鈴藤ですこんばんは。
昨夜、個人的にとてもショッキングなことを知りました。

以前からここに何度か書いているゲーム「雪カレ」で、昨年秋から1年近くの間滞在していた都市・ハンスリームが、10月31日付で閉鎖になったそうで……。
初期はソルズベリーでレベル上げしてて、今はその故郷に戻ってきている状態なのですが、Lv5~Lv25までを過ごしたハンスリームは第二の故郷といっても過言ではないですよ。

HPが足りないせいでクリアできない冒険がたくさんあったから、他の街でレベル上げたらまたハンスに戻ろうと思ってたのにー。
ハンスの曜日分岐、気に入ってたんだけどな。判りやすくて。

もう二度と、カジノ行ったり、海に釣りに行ったり、クッキーパーラーで働いたりできないのかなぁ(どんなゲームだ)。
寂しいことこの上ないです。


ちなみに雪カレでの名前は「鈴藤」じゃないので、そこんとこヨロシク(苦笑)
名前出してもいいけど、向こうで反応がなかったら寂しいのでやめとくです……。

2004.11.03

テスト・ザ・ネイションでIQ測定

鈴藤ですこんばんは。
ついさきほど番組が終わったところです。

言語・記憶・論理・数・知覚という5ジャンルの問題が70問出され、答えていくと最終的に自分のIQが分かるというものです。
昨年も参加しました。

やってみて……、んー、どのジャンルも同じくらいの正答率だったけど、言語がちょっと弱かったなー。一番できるかと思ったんだけど。
漢字の間違いが瞬間的に判断できなかったですよ (´・ω・`)

結果:IQ 118 でした。
昨年は勘が働いたせいか(笑)、131だったです。下がったな。
日々脳力を鍛えねばっ。

2004.11.02

お茶はお茶でも

あたたか~い飲み物が恋しい時期。嬉しい反面ちとつらい鈴藤ですこんばんは。
猫舌者にとっては危険を伴う季節。
今日も軽く舌を火傷しちゃいましたよ。冷めるまで待てばいいんですけどね……。

さて。
今の職場で飲んでるのはインスタントコーヒーonlyですが、前任校ではいろいろと持っていって、とっかえひっかえ飲んでおりました。
いくつかマイブームがあって、最初は単なる紅茶、次にハーブティー、その後に謎のブレンドティー。
この、アレな感じの飲み物を皆さんにご紹介したいと思います(笑)

もちろん、最初はそんなに破壊力のあるお茶だとは思っていなかったわけですが。
当時図書館によく来ていた生徒に飲ませたりした結果(マテ)、あまりにも不評で今でも語り草になっております。

なお、味覚には個人差があるでしょうから、これらをお好きな人もいらっしゃるでしょう。
そんな方は笑って読み飛ばしていただければありがたいです。

つーことで。

【第3位 5秒で麦茶】
何分の一だかに濃縮されてる麦茶。水で薄めて飲むものです。
これに関しては作ったときの状況がいけなかったかもしれません。夏休み中、空のペットボトルにこれを入れ、ウォータークーラーの水を入れて、シャカシャカと振って。……さて、一口目。
 水 が ぬ る い 。
適量の冷たい水で作ればおいしかったかもしれないよ。>丞相 (謎私信)

【第2位 冬ごもりのお茶】
5年ほど前に購入。確か中身が2種類あって、「紅茶と緑茶のブレンド」と「紅茶とココアのブレンド」という商品でした。
緑茶の方はお茶同士だからまだよかったけど、ココアの方は……やめといた方が良かったんじゃないだろーか。

【第1位 デザートティー】
参考URL:http://www.rakuten.co.jp/sunbeam/520040/
(リンクはやめときます)
「紅夢」「芳醇」「翡翠」という3種の漢方茶。お茶っ葉と漢方の材料と氷砂糖が1パックにされてます。
漢方茶というだけあって、薬っぽい香りはするし、変にスパイシーだし、それでもって甘いし。未だかつてこれを超えるお茶は飲んだことないです。
確か10人くらいの人が犠牲に……もとい、飲んでもらったことがあるかと思いますが、そのうち「美味しかった」と言ったのはたったの一人でした。元気かなー、○山先生(笑)

というわけで、用法・用量を正しく守って飲みましょう(ヲイ

2004.11.01

「笑の大学」観ました

毎月1日は映画の日~♪ ということで観に行ってきた鈴藤ですこんばんは。

今夜観たのは、三谷幸喜 脚本の「笑の大学」
以前舞台劇として発表されたものです。
その頃は知らなかったので観ることができず、悔しい思いをしてましたが、今回映画になったので喜んで観てきました。

昭和15年、世は正に戦争への道を歩み始めたころ。演劇の台本に検閲が入り、公序良俗に反する記述があればどんどん上演不許可となっていきます。
そんななかで、とある検閲官と座付作家が警視庁で出会い、台本の内容を巡って闘っていきます。それも7日間に渡って……。

劇団「笑の大学」の座付作家役である稲垣吾郎もさることながら、検閲官役の役所広司がヒジョーにいい! 序盤の威厳、中盤の可笑しさ、終盤の○○(伏せときます)……。
役所広司さんが真面目な顔をして面白いことしてるのを見ると、『モンティ・パイソン』のジョン・クリーズ思い出すんだよなあ。似てないとか言われそうですが。
この映画、久々に大いに笑って、泣きました。

しかし三谷さん、密室でのシチュエーションコメディがうまいですね。
前に放送してたドラマ「HR」とか、私が邦画で一番好きな「12人の優しい日本人」とか。……あ、「ラヂオの時間」もそうだったっけ。
一度でいいから舞台で見てみたいなー。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »