2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 一発終了♪ | トップページ | 出張でしたよ »

2004.11.26

本のタイトルで

鈴藤ですこんばんは。今日は本の話です。

図書館で返却本を棚に返すときに他の本も見てたら、あることを思い出しました。
「ちびまる子ちゃん」で有名な、さくらももこのエッセイについてです。
何年か前に出版された3部作のタイトルが、つなげて読むと一つになるという話で。

「あのころ」「まる子だった」「ももこの話」

「まる子だった」が出たときは、こんなオチが用意されてるとは思いもしませんでしたねー。最初からそういう予定だったのかなあ。

そこで試しに、ミステリのタイトルで文章を作ってみようかと。
さすがに一人の作家の作品から選んで作るのは難しいだろうということで、前にもネタにした「本格ミステリファン度調査」から選んでみました。
そこでできたのがこちら。

「ある閉ざされた雪の山荘で彼女が死んだ夜、今はもうない頼子のために、たったひとつの煙か土か食い物(六枚のとんかつ)すべてがFになる」

……意味不明 _| ̄|○
結論:森博嗣は偉い(謎)

« 一発終了♪ | トップページ | 出張でしたよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/2078326

この記事へのトラックバック一覧です: 本のタイトルで:

« 一発終了♪ | トップページ | 出張でしたよ »