2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ◆更新情報 | トップページ | 私生活の危機 »

2005.01.18

親戚とはいえ

連続勤務8日目。疲労が蓄積してきて危うい鈴藤ですこんばんは。
21日まで出勤ですよー。ふふふ~(壊れ気味)

てなわけで今日は毒舌モードです。(脈絡なし)

私の妹が嫁に行った家には小姑が二人いまして(ダンナの妹たち)、上の子が今度結婚するというのです。
披露宴には私は出席しませんが、縁あって親戚となったので電報の一つぐらい送っておこうかなと思い、NTT東日本の電報申込サイト D-MAILってところで手続きをしたです。
実は、祝う気持ちがヒジョーに薄かったんですけど。

それにはちゃんと訳がありまして。
実家で聞いたところによると、妹が小姑たちにさんざんな扱いをされてたみたいなのです。話半分に聞いたとしてもそれはどうだろうというエピソード満載。

・二人とも働いてるけど、家にはお金を1円たりとも入れてない。
 (親御さんは定年退職後。私の妹とそのダンナの稼ぎで生活してる)
・妹が人数分用意しておいた料理を二人で全部食べてしまうこと数回。もちろん作り足しなどせず。
・赤ちゃんが泣くと「うるさい!」と言ってキレるらしい。 ……etc

妹が不憫すぎだよ…… ・゚・(ノд`)・゚・
そんな状態だと聞かされてて、「結婚します」「まあ!それはおめでとう!」と心から喜べるわけがない。考えようによっては、家を出て行くわけだからめでたいんだけど。

閑話休題。
そんなわけで電報送ろうとしたのですが、上記サイトにある「結婚祝いの文例集」には正直あてはまるものがない。どれも仲が良い間柄でのメッセージばかりでな(って普通そうだけど)。
最終的には文例の中から無理矢理選んで送りました。
だって、自分で文章考えるほど祝う気持ちがないんだもん(ヲイ)

妹の小姑様へ。もし文例から選んだのに気づいたら、それが私の祝い度だと思うがいいー!

« ◆更新情報 | トップページ | 私生活の危機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/2620578

この記事へのトラックバック一覧です: 親戚とはいえ:

« ◆更新情報 | トップページ | 私生活の危機 »