2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ぷち脱マンネリ。 | トップページ | 間違い電話アゲイン。 »

2005.05.19

『彩雲国物語』(1)読了

Estjemさんがblogで紹介されていた文章を読んで気になったので、昨日買ってみました。

『彩雲国物語―はじまりの風は紅く』 雪乃紗衣/角川書店(ビーンズ文庫)
とりあえずシリーズの1巻目だけ、お試し購入。


……見事に大ハマリっ!

中国っぽい国を舞台にしたファンタジーです。
表紙を見て受けた印象とはうらはらに、真っ当な小説だと思いました(ちと失礼か)。
頑張る青少年が主人公の小説はいいですね。
えーと、これ以上の内容紹介は上記のリンク先をご覧ください(笑)

私の中で、日本の作家のファンタジー小説の最高峰は小野不由美さんの「十二国記」だったりします。アニメにもなりましたね。読んだことない人はぜひご一読を!
とりあえず最初の巻のリンクだけ張っときます。
『月の影 影の海 (上)』 小野不由美/講談社(X文庫 ホワイトハート)
(講談社文庫版もあります)

「十二国記」の硬派度を5だとしたら、『彩雲国物語』は3ぐらいですかねぇ(謎比較)
いい男がこれでもかと出てくるので女性ウケはいいでしょうね。
じーちゃんがカッコイイってのがツボを突かれました。…ってどんなツボだよ(苦笑)

いや~、かなり気に入ってしまいましたわ。
今日また本屋に行って、続刊(2~6巻)を買ってきました。
Estjemさんありがとー!

« ぷち脱マンネリ。 | トップページ | 間違い電話アゲイン。 »

コメント

去年の夏だったか、ウチの彼女が同じく「十二国記」にハマってました。
十二国記と同じくハマるんだったら、「彩雲国物語」もビンゴかもしれんなぁ。
いっぺん勧めてみよっと(笑)

気に入っていただけるといいなあ。
中国風ファンタジーがお好きでしたら、『後宮小説』(酒見賢一 著/新潮文庫)もおすすめですよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/4208932

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語』(1)読了:

« ぷち脱マンネリ。 | トップページ | 間違い電話アゲイン。 »