2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 空しい電話。 | トップページ | 豆乳にはまる。 »

2005.06.10

自分、という存在

もしかしたら、私は別の人間だったのかもしれません。


……なーんてことを書くと、ミステリかSFっぽいですね(笑)
ま、大した話じゃないんですけど。

幼稚園のときに、頭を打って2週間ほど入院したことがあるのです。

公園などに箱型ブランコってありましたよね。いや、今でもあるのかな。
4人が2人ずつ向かい合わせになって一緒に乗れる大型ブランコ。
怪我をする子どもがたくさんいて、各地で撤去されてた遊具。

通ってた幼稚園にこれがあって、女の子同士で仲良く乗ってたのです。
そこに、いたずら好きの男の子が何人か乗り込んできました。

押されて転倒して、
体が底板に横たわる状態になって、
頭だけが外へ出て、
ブランコの揺れと共に後頭部が地面でこすられて、
運悪く、その地面には小石が飛び出ていて。

結果。
意識不明の重体。病院送り。18針の縫合。
3日間ほど意識がなかったけど、幸いにも無事に生還しましたー。


……そう、無事に、のはず。
でも、ふと考えることがあるのです。
頭を打つ前の自分は、果たして今の自分と同じなのだろうか?

家族のなかで食べ物の好みが一人だけ違うとか。
色の見え方が違うとか。
(↑薄ピンク色だと思って買ったバッグが、家族曰く「薄茶色」。
 …実際にはその中間色ってことだと思うんだけど)

そういうことが積み重なると、疑問に思わざるを得ないのですよ。
ただの隔世遺伝なのかもしれないけどさ(苦笑)


余談。
頭の傷痕の部分には髪の毛が生えてきません。
猫の肉球が筋状になった感じで、微妙に盛り上がってふにふにしてます。
見たことないけど(笑)

« 空しい電話。 | トップページ | 豆乳にはまる。 »

コメント

おおぅ…そげなことがあったのですか…初耳。
何はともあれ、無事でヨカッタヨカッタ。

たとえ別の人間だったとしても、私が出会ったのは今のりここさんだったりするし、私はそれでとっても満足だったりするし。
だから、いいんじゃないかい?

…と思うんだけどどだ?(←弱いぞ自分!)

痛そうですねorz
3日間も意識がなかったんですか。それはかなりの重体でしたね。
オレ様も小さい頃に骨を折りましたが、鈴藤さんに比べれば、ぜんぜん大したことじゃないですね(笑)

さて、“別人”の件ですが、
仏教には、「因と縁」という教え(?)があり、
「一つのものが“ある”ように見えるのは、それだけが単に“ある”のではなく、網の目のようにいろいろのものが関係し、助成しあい、そしてそれが統合され合成された現象として“ある”のだ」
ということを聞いたことがあります。

ということは、仮に過去に怪我をされていなくても、その後の人生で何かが関係した結果、今と同じ自分になることだって考えられるのではないでしょうか?

...ちょっと強引な考えだったりして(笑)

★みづほさん
あら? 話したことなかったっけか。
万が一、事故で影響があったとしても、いろんな物事を楽しめるような気楽でお得な性格になったので良し♪って感じですよ。お気遣いありがとねん。

後頭部じゃなくて顔面のほうを地面でこすってたら……と思うと、ガクガクブルブル(顔文字略)です。うう。


★オレ様
骨を折ったことがないので、そっちのほうがつらそうですよ。
意識失っちゃえば痛みも感じないし(笑)

それにしても仏教の教えは深いですねー。
確かに、頭を打ったことは些細なことで、周りの環境から受ける影響のほうが大きいだろうと思います。
どっちにしても今のような自分になることは想像がつきますね。
考えかた次第、かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/4506541

この記事へのトラックバック一覧です: 自分、という存在:

« 空しい電話。 | トップページ | 豆乳にはまる。 »