2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ちょっと危ない会話 | トップページ | マウスパッド購入(BlogPet) »

2005.06.30

方言自動変換。

いろいろと検索してたら、こんなサイト様に出会いました。

「方言変換道場」
http://www.mitene.or.jp/~hiro3/word.html

ズバリ、入力した文章を日本各地の方言に自動的に変換してくれます。
その方言の種類もハンパじゃなくて、北海道弁から沖縄弁まで、47都道府県全部揃っております。

上記サイトにも書かれてるとおり、雰囲気を楽しむって感じです。完全に翻訳してくれるわけではありませんのでご注意を。中にはほとんど変換されない(データがない)県もあるみたいだし…。


では、私の文章で試してみましょうか。

■元の文章6月28日のエントリー「マウスパッド購入」の一部分を標準語(?)にしたもの)

低反発ポリウレタンが手首にジャストフィットです。
何日か使ってみましたが、これは楽ですよ。
難があるとすると、色の種類が黒・紺・オレンジの3種類しかないことぐらいかな。
もうちょっとバリエーションがあればよかったなあ。


■長野弁に変換

低反発ポリウレタンが手首にジャストフィットずら。
何日か使ってみまへらが、こりゃ楽じ。
難があるとすると、色の種類が黒・紺・オレンジの3種類しかねぇことぐらいかな。
もうちょっとバリエーションがありゃよかったなあ。


■山形弁に変換

低反発ポリウレタンが手首にジャストフィットだず。
何日か使ってみたんだずが、これは楽だず。
難があるとすると、色の種類が黒・紺・オレンジの3種類しがないことぐらいがな。
もうちょびっとバリエーションがあればよかったなあ。


■大阪弁に変換

低反発ポリウレタンが手首にジャストフィットや。
何日か使ってみたんやが、これは楽や。
難があるとしはると、色の種類が黒・紺・オレンジの3種類しやろかいことぐらいやろか。
もうちびっとバリエーションがあればよかったなあ。


…………
地元長野以外の2ヶ所の選びかたは何となくです(笑)
皆様、よろしければお試しくださいまし。

ちなみに長野弁は……うちのほうではこういう言いかたはしないかも(苦笑)
でも雰囲気は出てますよ。

« ちょっと危ない会話 | トップページ | マウスパッド購入(BlogPet) »

コメント

「~ずら。」とか「~じ。」とかって、中南信方面…?(不確定過

ま、雰囲気だけは(笑)

語尾だけじゃなくて、もうひとパンチあれば面白いかも?
例えば、「これは楽や」→「これええわ~」とか(笑)

★悠稀くん
ググってみました。松本弁っぽいです。
長野の中でも地域によってかなり違うからねぇ。
「長野弁」なんてものは無いってのが正解かも(苦笑)


★オレ様
その変換、いい!
そこまでできるようになれば、より使えますね(笑)

はじめまして。
その「ずら・だじ」の地区に住むヤローでございます。でも、ここに来て今月で4年なのでよく長野のことは知りません。
東京生まれ千葉育ちの僕にはちょっと違うかなと。「東京弁=標準語」じゃないんです。こんな上品な喋り方しねーっての。
ビートたけしさんみたいに「バカヤロ、コノヤロ」が挨拶代わりでさ。
「~さ」も若者言葉でなく90歳の老人でも「空襲で焼けちゃてさー」って言うって。(江戸弁)
「ぼっかす」「うっちゃる」「つっぽす」。これも東京弁でさ。標準語で何て言うかわかります?

きょ仙さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

その地区にお住まいですかー(^-^)
「東京弁=標準語」ではない、という話は聞いたことあります。
江戸弁は威勢がよくていいですね。

最後の3つの言葉、分かりませんでした。う~む。何だろう?
「ほかす」なら「捨てる」だろうけど。(←大阪弁か)
「うっちゃる」……「投げる」か「放っておく」?
「つっぽす」……???

長野の方言で代表的なのは「ずく」「まえで」「とぶ」あたりですかねぇ。
上級者向けとしては「おしずかに~」なんてものも。(←もちろん「静かにして」という意味ではありません)

鈴藤さんへ。
正解開けます。せーのドン!
「ぼっかす」=「ぶっ壊す」
「うっちゃる」=「捨てる」。東北では「投げる」ですから、半分正解でしょうか?お相撲の「うっちゃり」の語源です。
「つっぽす」=「突き通す」。「押す」を「おっぺす」とも言います。
「片付ける」=「かたす」はもっとも一般的です。

わらべ歌の「あんたがたどこさ」は熊本民謡ではなく、江戸の民謡です。熊本の人はこんな喋り方ばしないとです。
ヒロシです。細川藩主の江戸屋敷の近所で歌われてたようです。

しかし、「ずく」「まえで」「とぶ」わかりません。「おしずかに」もわからなかとです。

うわ、全然分からなかった!
言われてみればなるほど~って感じです。
「かたす」は、とある曲の歌詞に出てきて「これなんだろう?」と思ったことがありました。

「あんたがたどこさ」、すっかり熊本の民謡だと思ってたとです。勉強になったとです。


「ずく」=物事を行なうときの気力や根気
「まえで」=前方。 ちなみに後方のことは「うしろで」とは言いません。
「とぶ」=走る。 応用例:「とんでこい」=走ってこい
「おしずかに」=複数の人がいる場所で、用事が済んだ人が出て行くときに、後に残った人に向かってかける言葉。「お先に失礼します」「どうぞごゆっくり」みたいな意味。

ただし、「とぶ」や「おしずかに」は年配のかたしか使わない言葉かも。

おらほ語のレクチャーありがとうございました。これで信州人になれそうだっきゃ。(←青森弁)
きょう5日で長野に来てちょうど4年になりました。千葉や金沢に戻ったりはしましたが。

4周年ですか。それはそれは~。
長野の言葉や地名、少しは慣れたかしら(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/4780303

この記事へのトラックバック一覧です: 方言自動変換。:

« ちょっと危ない会話 | トップページ | マウスパッド購入(BlogPet) »