2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ホワイトクリスマスはつらいよ(BlogPet) | トップページ | 行け年来い年。 »

2005.12.29

ミステリとHNと温泉と。

年の瀬で忙しいというのに本を読み始めてしまってさあ大変(謎)
その本は、大好きな作家・綾辻行人の『霧越邸殺人事件』
読むのは何回目だろう。もう覚えてないや。


この物語の主人公は小説家。名前は鈴藤稜一。
私のハンドルはここから取ってます。つけるときには、ラ行で始まる名字で良さそうなのないかなーと思って適当に選びました。

なぜそんなふうに決めたのかというと、ラ行の音が好きだから。あと、ラ行で始まる名字は珍しいから。
そういえば、「雪カレ」でもハンスリームのキャラとその他の街のキャラ、両方ともラ行始まりの名前だな。……そうそう、今はルナンにいますよー<謎私信


あー。閑話休題。
久々に元ネタのこの本を読み返してみたわけですが、会話で名前が出るたびに、

「どうした、鈴藤」
「やあ、鈴藤」
「ねえ、鈴藤さん」

っていちいち呼ばれてる気がする――!(苦笑)
自分の名前としてすっかり認識しちゃってるんですねぇ。


他にはこんな台詞もあったり。
どんなシチュエーションなのか気になります?(笑)

「ああ。鈴藤、涎が出てるぞ」
「案外と、鈴藤さんは臆病でいらっしゃる」

---------------

ところでこの小説、随分昔に火サスの2時間ドラマになってます。リアルタイムで見ました。(ビデオで録画もしたはず…)
タイトルは「湖畔の館殺人事件」
元は洋館なんですが、ドラマでは温泉旅館。ベタベタです。
ストーリーもほとんど違うし、もちろん犯人もまるっきり違ってました。やれやれ。

« ホワイトクリスマスはつらいよ(BlogPet) | トップページ | 行け年来い年。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/7899369

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリとHNと温泉と。:

« ホワイトクリスマスはつらいよ(BlogPet) | トップページ | 行け年来い年。 »