2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« やっぱり一人でキャンドルナイト | トップページ | 長野グランドシネマズOPEN! »

2006.06.23

『DEATH NOTE(前編)』観ました

いわずもがなの大ヒットマンガの映画化。
公式サイトはこちら。


……えーと。
これほどミスキャストっぷりが味わえる映画はそう無いかと(苦笑)
納得いくのはワタリ(藤村俊二さん)ぐらいかも。

死神リュークの声は声優だと思ってたら、とある著名な俳優でした。ちとびっくり。
ググれば出てきますけどね。
うーむ。もっと低い声のほうが良かった気がするなあ。


シナリオのほうは、可もなく不可もなく。
映画オリジナルキャラが入ることで原作とは多少の違いがあったものの、大筋ではそのままです。

ライトがPCで「キラ」を検索するシーンがあるんだけど、検索結果の3~4番目あたりに「キラ - Wikipedia」があったのがリアルな感じ。
…ってなぜそんなところに目がいってしまうんだろう(笑)


まあ、いろいろ言いつつ、11月の後編も観に行っちゃうんでしょうね。

---------------

はいはい、ここからは劇場に対する一言コーナーですよー(何)


まず座席。
座る部分も背もたれも固すぎる。
古い映画館で、何十年(?)も改装してないんだろうな、という椅子。
観終わったときには身体の節々が痛かったです。

で、観客。
おまいさんたち、うるさすぎ。
本編の間は普通に静かだったけど、エンドロールが始まるとすぐにすごい騒ぎになってたですよ。休み時間の教室か。
意外なオチだったというわけじゃないのになー。
……ま、観客の大半が中・高校生~20代前半という具合だったから、仕方ないのかもしれないけど。

頼むから、話をするならロビーに出てからにしてくれえぇぇ。

« やっぱり一人でキャンドルナイト | トップページ | 長野グランドシネマズOPEN! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/10662786

この記事へのトラックバック一覧です: 『DEATH NOTE(前編)』観ました:

« やっぱり一人でキャンドルナイト | トップページ | 長野グランドシネマズOPEN! »