2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2006年 面白かった本 | トップページ | 2006年のまとめに入る。 »

2006.12.27

2006年 面白かったマンガ

鈴藤がいま一番はまってるマンガはこちら。


『もやしもん ―TALES OF AGRICULTURE』 石川 雅之/講談社

もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)   もやしもん 2―TALES OF AGRICULTURE (2)
もやしもん 3―TALES OF AGRICULTURE (3)   もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4)
 


まず、本の装丁の統一性のなさがいい!(笑)
書店で平積みにされてたのを見たとき、別のシリーズなのかと思っちゃったよ。

主人公は農大の新入生。菌が可愛らしい姿で見えるという特技を持ってます。
発酵に関する知識が満載でありながら楽しく読めてしまう、素晴らしい作品。
いつも主人公の肩の上に乗ってるA.オリゼー(菌の名前ね)が愛らしいんですよぅ。
……ストラップなどが付属してる限定版の4巻が欲しいいいいいい!
(どこにも売ってませんorz)

合言葉は「かもすぞー」。
ただいま、この可愛い菌たちに激しくかもされております(笑)



4592142659レナード現象には理由がある
川原 泉
白泉社 2006-06-29

by G-Tools

川原泉さんのマンガを読むと、ほんのりとした幸福感が味わえます。
『ブレーメンII』みたいなSFモノもいいけど、こういう学園モノを読みたかったですよ。
ごはんがおいしく食べられるっていいよね。もぎゅもぎゅ。



4592143019大奥 1 (1)
よしなが ふみ
白泉社 2005-09-29

若い男性ばかりが掛かる謎の死病で男女比が崩れてしまった世界での話。将軍以下の重職には女性がつき、大奥には見目麗しい男性が数多く存在しているのです。
そんな大奥に入ることになった男性たちの物語。
最新刊の2巻では、1巻で謎だった部分が少しずつ解明されてきてます。続きが気になるぅぅ。



『大奥』でよしながふみさんにはまってしまい、こちらの本も読んでみたら……すごくよかったです。
 
4403617492フラワー・オブ・ライフ (1)
よしなが ふみ
新書館 2004-04

白血病になって一年遅れて高校生活をスタートさせた男の子が主人公。とはいえ高校生活は明るくて楽しそう。何気ない日常描写がいいんですよ。
そしてこのマンガに出てくる食べ物がいろいろと美味しそうでたまりません。先日作ったカボチャのサラダは、これ(第3巻)に出てくるレシピで作りました^^


よしながさんの作品で一番有名なのは『西洋骨董洋菓子店』(全4巻)かな? これも買ってしまったのです。うふふ~。

« 2006年 面白かった本 | トップページ | 2006年のまとめに入る。 »

コメント

……え。「大奥」って男女逆バージョンだったんですね!?知らなかったー。
てっきりTVバージョンの漫画化だと思ってました。
あ。「西洋骨董洋菓子店」面白いですよね~。
実は私も持ってたりw
ちいちゃんは感動モノです(笑)
こっちに出てくる明太パスタのレシピもなかなか美味そうで……というか、よしながふみ漫画に出てくる食べ物って何でも美味しそうですよね~。

★シャナさん
「大奥」は同じタイトルのドラマや映画があるから間違われやすそう…。

「西洋骨董洋菓子店」持ってたのかー。
美味しそうな料理がいろいろと書いてありますよね。夜中に読むと危険です(笑)

漫画、そしてTALES OF AGRICULTUREという
名前から「テイルズシリーズの新作か?」と
めっさ期待してみたら・・・

全 然 違 う し ・・・

酷い!騙したのね!ヽ(`Д´)ノウワァァァン

ちなみにオイラは『FAIRY TAIL』って漫画が好きです。
作者はRAVEの人。
主人公の名前がナツだったり(ハルの次だから)
プルーが再び出てきたりとRAVE知ってると
ニヤリとすること間違いなしです。
マガジンでやってるから気が向いたら読むべし。

★カズヤくん
いくら「TALES OF~」だとしても、あの表紙を見れば分かるでしょww
『FAIRY TAIL』、単行本出てるんだね。買ってみようかな。
プルー好きだったし^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/13231726

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 面白かったマンガ:

« 2006年 面白かった本 | トップページ | 2006年のまとめに入る。 »