2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« クリスマスとか何とか | トップページ | 2006年 面白かったマンガ »

2006.12.26

2006年 面白かった本

……と銘打っておきながら、ここ数か月で読んだ本の中から挙げてみる(謎)



4840117578犯行現場の作り方
安井 俊夫
メディアファクトリー 2006-12-01

by G-Tools

> 人気ミステリーに登場する不思議な建物を一級建築士が建築図面に落とし込む。 (「BOOK」データベースより)
表紙になってる図面は綾辻行人の『十角館』。もうそれだけでウハウハ(死語)。
ミステリには奇妙な館がいろいろと出てきますが、実際に建てると不都合だらけ。島田荘司の『斜め屋敷の犯罪』の屋敷には住みたくないと改めて思いました(笑)



4840233616図書館戦争
有川 浩
メディアワークス 2006-02


自分が図書館勤めだということを差っ引いても、この物語はいい!
骨組みとしては実に王道的なんだけど、肉付けの部分(世界設定とかキャラクター描写とか…)がよくはまっていて、読んでて胸がキュンキュンするんですよ(笑)
続編が出てます。そっちも読みました。3巻目はまだかなー。



4898151728small planet
本城 直季
リトルモア 2006-04-08


ジオラマの写真に見えるんだけど、実は本物を撮ったのだという奇妙な写真集。
撮影したあとで加工するのだそうですが……ジオラマにしか見えーん!
不思議な気分になります。ぜひご覧ください。



4620317683ドリームボックス―殺されてゆくペットたち
小林 照幸
毎日新聞社 2006-06


内容が内容だけに面白い本と言ってはいけないのですが、心をうたれたので。
捨てられて捕獲されたり持ち込まれたりして殺処分となるペットの最期の姿が描かれてます。読み進めるごとに気分が重くなりますが、こういう現実があるということを知るのは大事だと思います。



4167679914子どもは判ってくれない
内田 樹
文藝春秋 2006-06


エッセイ集。もう何だか一つ一つがツボにくる内容で。どうしてこんなに琴線に触れるかなー。……って内容紹介になってませんが(汗)



明日は「2006年 面白かったマンガ」を書く予定です。

« クリスマスとか何とか | トップページ | 2006年 面白かったマンガ »

コメント

おーこれ面白そですね。
最近綾辻さんの小説読んだばかりなので、ぜひ見てみたいですねぇ。

★お魚さん
十角館その他、横から見た図も載ってます。
平面図では見えてこなかった問題点が浮き彫りになってて面白いですよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/13215258

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 面白かった本:

« クリスマスとか何とか | トップページ | 2006年 面白かったマンガ »