2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 自分としては珍しい | トップページ | レンタルしといて何ですが(BlogPet) »

2006.12.16

『犬神家の一族』リメイク!

市川崑監督の、石坂浩二の金田一耕助がまた観られる。しかも映画館で……!
というわけで公開初日に行ってきました。
公式サイトはこちら。

市川監督の金田一映画、好きです。『悪魔の手毬唄』とか『獄門島』とか。
鬱々とした閉鎖的な世界がよく表現されていると思います。
もちろん旧作の『犬神家の一族』も観ました。テレビ放映やDVDでだけどね。

この先、ネタバレはしませんが、事前に何も知りたくないかたはご注意を。

---------------

この監督といえばこれ。
始まって間もなくのキャスト・スタッフ紹介で、黒をバックに極太明朝の白文字。


督市川
   崑

ってのを見ただけで心ときめきます(笑)


主演の石坂さん。
覚悟はしていましたが、やはり「老けたなー」という印象でした。

石坂さんだけじゃなくて、旧作から同様の役で出演している加藤武(等々力署長役)や、大滝秀治(大山神官役)も、もちろん同じように年を重ねられてるわけですが、後のお二人はそれほど加齢が気にならなかったです。
加藤武さんの「よし、分かった!」(手を打ちながら言うべし)をスクリーンで見ることができたのは嬉しかったなあ。

犬神家の次女・竹子の松坂慶子と、その娘・小夜子の奥菜恵が良かった。正気を失った人間の惨さや妖しさがよく出てました。
深田恭子は……終戦直後にあんな女中さんはいないと思うんだが(苦笑)


割と淡々と進んでた気がしましたが、脚本は旧作と同じなんですよね。
俳優が違うとこうも違うものなのかー。旧作がまた見たくなりました。
市川監督&石坂金田一はこれで見納めなのかな……?

« 自分としては珍しい | トップページ | レンタルしといて何ですが(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/13094874

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬神家の一族』リメイク!:

« 自分としては珍しい | トップページ | レンタルしといて何ですが(BlogPet) »