2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 鳥はむ作り | トップページ | きょう河出書房新社で(BlogPet) »

2007.01.28

「9坪ハウス」の発想

先日こんな本を読みました。とある雑誌で紹介されてたのです。

43092807069坪ハウス 小さな家で大きな暮らし
萩原百合+9坪ハウスオーナーズ倶楽部
河出書房新社 2006-10-13

by G-Tools


9坪ハウスと定義されたデザインの物件がこの世にあることを初めて知りましたよ。
簡単にいうと、以下のような要素を含んだもののようです。
・3間×3間=9坪の建築面積を基本とする
・2階の3分の1は吹き抜け
・2間分の大きな窓を設置する
・丸い柱を使う

実際に建てたかたが何人もいらして、お住まいの様子をたくさんの写真と共に記したのが上記の本。


現在14タイプのデザインがあるそうですが、その中で多く採用されてるのが「9坪ハウス SAH」 。なんてシンプルな家なんだろう。

もし家を建てることになったとしたら、このぐらいのものが自分に似合ってるように思えてきました。寒冷地には厳しそうだけど(笑)
価格が明記されてるのがイメージしやすくていいですなー。

---------------

9坪ハウスのデザインのように「いろいろと制限がある中でオリジナリティを発揮する」というのは、ブログの形式に似てる気がします。
何もない土地に自分が設計した家を建てていくのがサイトの構築なら、ブログは建売住宅やマンションの一室みたいなものでしょうか。中身だけ整えれば住めるし。

トップページが“9坪”ぐらいしかない当ブログ。
これが自分に合ったスタイルなんだろうな。

« 鳥はむ作り | トップページ | きょう河出書房新社で(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/13699701

この記事へのトラックバック一覧です: 「9坪ハウス」の発想:

« 鳥はむ作り | トップページ | きょう河出書房新社で(BlogPet) »