2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.27

『ゾンビ3D』

21世紀にもなって赤と青のメガネで立体映画って……
これは好事家としては観ておかねば(謎)
 
というわけで、観てきました『超立体映画 ゾンビ3D』。物好きにもほどがある。
 
前述のとおり赤青の立体なので、見てる画面はほぼモノクロです。
目がチカチカしてすごく疲れました。こんなに観づらかったっけ、この手の映画って。
いやー、立体というだけあっていろいろ飛び出ますねー。
墓石とか煙草の煙とか字幕とか。
 
映画の代金は、映画館への寄付金だと思うことにしました(苦笑)

『陰日向に咲く』

『陰日向に咲く』
監督:平川雄一朗、主演:岡田准一
 
劇団ひとりの書いた原作を読んだのはかなり前。2006年1月27日発売とのことなのでその数ヵ月後ですかね。
なかなか面白かったということだけが記憶に残ったままで映画を観てきました。
 
9人の登場人物による群像劇。それぞれ日の当たらない人生を送っていたり、どこか空回りしちゃったりしている、陰を負った人たち。
話が収束する終盤、大筋のストーリーが分かってるのに……涙腺弱いんだよなあ、私。まんまと泣かされました。
 
風邪といえば桃缶。桃缶といえば黄桃。
きっと桃缶見ただけであのシーンを思い出しちゃうんだろうな。

---------------

4344011023陰日向に咲く
劇団ひとり
幻冬舎 2006-01

by G-Tools

2008.01.24

『アース』

ドキュメンタリー映画、『アース』を観ました。
 
地球の雄大さ、過酷さに圧倒されっぱなしの1時間50分。
地味な映画だけど、こういうのって心にゆとりがないと観られない気がします。
 
花が流れるように開花していく場面が見事。桜や水仙やカンパニュラ(だったかな?)など。CGではないかとつい疑ってしまうのですが、時間をかけて撮影したものだそうですね。すごいなぁ。
その他、極楽鳥の求愛ダンスのシーンだけでも満足な一本。何ですかあの面白い鳥たちは(笑)
 
つい先日まで知らなかったんですけど、この映画、NHKスペシャルの「プラネットアース」と映像が被ってるんだそうですね。そちらも観てみたいな。
 
ところで、こういう動物ドキュメンタリーものを見ると、つい「野生の王国」という番組名が頭に浮かんでしまうのですが……古いぞ自分。

2008.01.20

『スウィーニー・トッド』

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
監督:ティム・バートン、主演:ジョニー・デップ
(R-15指定)
 
ティム・バートンとジョニー・デップがまたもや組んだ作品で、ホラーテイストのミュージカル映画――という認識で観に行きました。
……“テイスト”どころじゃなかった(苦笑) R-15だもんなー。
 
『チャーリーとチョコレート工場』を観たときも思ったんですが、この監督の作品のオープニングはとても特徴的ですね。流れるように進んでいくのが小気味好いです。
今回流れていくのは血なので、小気味好いとか言ってる場合じゃないんだけど。
 
主演とはいえ、ジョニーがあんなに歌ってるとは。ミセス・ラベット役のヘレナ・ボナム=カーター始め、皆さん歌がうまいなあ(当たり前か)。
掛け合いのようになってるところは聞き惚れちゃいます。
船乗りのお兄さんの求愛ぶりはストーカーにしか思えなかったんですが、相手が良ければそれで良しなのだろーか。
 
ターピン判事役としてアラン・リックマンが出てて驚いた。『ダイ・ハード』での名悪役ハンス・グルーバーが好きだったので、今回みたいな役柄でも嫌いになれません(笑)
近年ではハリー・ポッターシリーズのスネイプ先生といったほうが分かりやすいですかね。
 
ちょっとした笑いと切なさがあって、なかなか楽しめました。
ただし、こちらの映画はデートには不向きです。多分。
 
 
刺激的すぎたのか途中で席を立つ人が何人かいました。
よく聞く話だけど、男性のほうが血に弱いってのはホントなのかなあ。

『銀色のシーズン』

監督:羽住英一郎
出演:瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、青木崇高
公式サイト
 
信州・白馬でロケをしたとあっては、もう見に行くしかないでしょうとも。
 
滑降シーンを堪能するための映画だな、というのが最初に思ったこと。
臨場感があって、まるで冷たい風を頬に感じるかのようでした。
あれだけ滑れると楽しいだろうな。
 
雪猿3人で、瑛太以外の2人にまつわるエピソードがもうちょっとあってもよかったかも。北海道から来てた選手たちとの絡みとか。
 
変化には痛みを伴うことがあったりするけど、意外な喜びや楽しみがあったりもするわけで。始めることや前に進むことを必要以上に怖がってはいないだろうか、と考えたりしました。
 
 
この時期のデートムービーとしてもいいかもしれません。
周りの席がカップルだらけで肩身が狭かったですよorz

2008.01.16

匣にみつしりと。

今日、本の検索をしていてたまたま見つけた。
確かにいま映画上映中なのだが、講談社のやることは尋常ではないように思う。
 
   『アンカット特装版 魍魎の匣』
 
何ですかこれは(笑)
マニア心をくすぐる品ばかりだなあ。
 

[アンカット特装版 6分冊]
未裁断のまま製本。専用のペーパーナイフでページを切り開いてお読みください。

こういう本の例をよくしらないんだが、袋とじ状態ってことでいいのかな?
(泡坂妻夫の『生者と死者』を思い出した。懐かしい)
切り開く前の保存用と、読む用ってことで、2セット買う人もいるんだろうな、多分。
 
手にとってみたい。
だが12,600円(税込)ってのは高い……
ああ、売ってゐる。 何だか酷く購入者が羨ましくなつてしまつた。
 
 
【予約締切】2008年1月31日(木)予定、とのこと。
ご予約のかたは上記リンク先でBOOK倶楽部の会員になってからどうぞ。

2008.01.14

ヤッターマン復活!

19:00にテレビをつけたらちょうど始まったところだったので、見てしまいましたよ。
「ヤッターマン」
 
あああ。懐かし杉。
誕生してから30年。昨年、復活するというニュースを聞いても信じられなかったな。
オンタイムで「ポチッとな」を聞けるなんて……!
 
このシリーズの主役といえば三悪ですよね^^^
お三方とも同じ声優さんなのが嬉しいですねぇ。
それとドクロベエの滝口順平さんも。
皆さんの年齢は70代だそうですけど、ドロンジョ様の小原乃梨子さんは特にそう思えない美声ぶり。いつまでもお元気でいてほしいものです。
 
本編はそれなりに良かったけど……オープニングとエンディングの曲が納得いかん。
なぜ山本正之さんじゃないんですか>< (EDは三悪でも可)
できることなら途中からでもいいので替えてほしいな。
 
---------------
 
実写映画が2009年春公開予定で製作されてるそうですね。
ドロンジョ役は深田恭子とのこと。イメージ合わないなあ。

2008.01.13

049系ブログ宣言

ふと気になって、うちのブログへのリンクを張られているサイトを調べてみました。
その中で一件、気になるところが。
 
「図書館へ行こう!」というサイト様のリンク集で、図書館系ブログ集というところに当ブログが載ってたのです。
 
うわああああ(焦)
すみません図書館のこと最近全然書いてないブログですみません(ペコペコ)
そちらから来られた人はガッカリするだろうなあ。
 
よろず雑文ブログのつもりなので、NDCでいえば049(雑著)です。
エントリ別に考えれば、778(映画)、764(器楽合奏)、291(地理・地誌・紀行-日本)、547(通信工学・電気通信)(←ネット関係はここ)あたりが多めかも。
 
……と、申し訳程度に図書館ネタを絡ませてみました^^;

2008.01.11

『アイ・アム・レジェンド』

今年になって最初に観にいった映画がこの『アイ・アム・レジェンド』
 
ニューヨークでとある科学者が開発したウイルスによって9割の人間が死滅。それから3年以上経った2012年、愛犬のサムと一緒にたった一人で生き抜いている男。それが主人公のロバート・ネビル。
昼間は外に出て食料を調達したり、ゴルフの打ちっぱなしをしたりと、一見平和そう。でも日が陰ってきた頃に腕時計のアラームが鳴り、それがタイムリミットとなって――
 

続きを読む "『アイ・アム・レジェンド』" »

2008.01.10

『魍魎の匣』

書くのが今頃になっちゃいましたが……
12月29日に、映画 『魍魎の匣』を観にいってきました。
その2日後に魍魎饅頭を買ったのはいいタイミングだったな。
 
京極夏彦の同名小説が原作で、『姑獲鳥の夏』に続くシリーズの第2弾。
でも、この映画、かなり原作とは違います。
始まってすぐのシーンでは別の映画を観に来たのかと思った(笑)
 

続きを読む "『魍魎の匣』" »

2008.01.09

波状発症

昨日から目が霞むというか曇るというか、まあそんな感じでトラブルがありまして。
眼科に行って診てもらったら、結膜炎とのこと。
 
初めてなったよ結膜炎。
両眼とも白目が真っ赤になっててかなり不気味。
処方してもらった2種類の目薬をつけてます。
 
風邪の具合もまだよくなってないし……
年明け早々こんなことになるなんて。免疫力が落ちてるのだろーか。

2008.01.07

2007-2008 年越し話

これもまた今更な感じですが、記録のために書いておきます。
 
 
【2007年12月30日】

前年同様の忘年会。
メンバーは9月に大阪で会った人たち。年に1~2回ほどしか会えないせいか話が尽きることがないですねぇ。とっても楽しかったな。

この宴席で、現在絶賛上映中の映画 「魍魎の匣」の話が出て、靖国神社近くの宝来屋本店という老舗和菓子屋さんで売られている「魍魎饅頭」を翌日皆で買いに行くことになりました。
名付けて、みつしりツアー(笑)
 

続きを読む "2007-2008 年越し話" »

今更、初夢話など

1/2の夜に見た初夢……
 
和泉宏隆さんの自宅へ遊びに行き、ピアノを聴きながらお茶を飲み、作曲活動をたまに邪魔していた。
 
んー。平和ですねw
 
 
和泉さんが夢に出てきたのは、多分寝る前にこの動画をみたせい。
あの流麗なピアノを伴奏にしてサックス吹くなんて、太田さんが羨ましすぎ。
クリスマス動画で時期はずれなのは(゚ε゚)キニシナイ!
 

星に願いを - ぴかりと和泉宏チュー

2008.01.06

絶賛風邪引き中

1/5
朝。猛烈に喉が痛い。
昼。猛烈に頭が痛い。
夕方。熱を測ってみる。36.7℃。
平熱だからおっけー。ってことでお風呂に入る。
試しに熱を測ってみる。38.0℃。
 
2時間後、熱を測ってみる。38.4℃。
うわー。風呂に入るとこんなに長時間体温が保たれるんですね!
 
 
はいはい風邪風邪orz
 
のだめカンタービレSP第2夜をリアルタイムで見るつもりだったのに。
意識が保てず、18:30に倒れるように眠る。
 
 
1/6
これ以上ないほどの寝正月。
やりたいことが何もできない(´・ω・`)
昼間に測ったときは平熱だったけど、深夜の今は38.2℃。
相変わらず喉と頭が痛い。
明日は出勤できるんだろうか……

2008.01.04

2007-2008 T-SQUAREカウントダウンライブ

■2ヶ月ぶりのスクェア

T-SQUAREのカウントダウンライブに行ってきました。今年で5年連続。
ライブは11月初めの横浜でのもの以来、約2ヶ月ぶり。
 
地元友達の森村水産さん(丞相)浅宮悠稀くん(兄者)、ブログ友達のお魚さんとの4人で集合して食事したあと、20:30頃にライブ会場へ。今年もまた天王洲の銀河劇場。
 

続きを読む "2007-2008 T-SQUAREカウントダウンライブ" »

2008.01.01

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
気ままに更新していくつもりですが、昨年よりは投稿数を増やしたいなあ。
 
東京から高速バスに乗り、先ほど信州に戻ってきました。
長野寒すぎる><
帰宅して最初にしたのは雪かき。20分ほど。
思ってたよりも積もってなくてよかった……

現在20:00。これから実家に帰ります。
といっても車で片道30分(ry
ほんとに毎年毎年同じ日程だなー(苦笑)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »