2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.23

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
監督/脚本:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ
 
吹替版を先行上映で観てきました。
3作ある原作のうち1作目の映画化ということで、そのような断り書きがオープニングにありました。この映画のテレビCMは見てないけど、ちゃんとそういうふうに説明されてるのかなぁ。知らずに見に行く人が出そう。

続きを読む "『ライラの冒険 黄金の羅針盤』" »

マクドナルドのCMに伊東さんが…!

オレ様とくぅ~さんなど、いろいろなかたのところで記事を見つつ、自分のところで書くのを忘れてた(笑)
 
マクドナルドのプレミアムローストコーヒーのCMに、T-SQUAREの伊東たけしさんが出演されております!
実に珍しい。何年ぶりですかねぇ。
東儀秀樹さんのほうは何度か目にしてましたが、伊東さん篇はつい先日やっと見ることができました。テレビからあのサックスのメロディが流れてきて感動。
ドラムの坂東くんも出てるそうですが、しっかり映ってなくて残念だな。

2008.02.21

DVD 『TRIX LIVE in Tokyo 2007』

B000XR2ODQTRIX LIVE in Tokyo 2007
TRIX
キング 2007-12-26

by G-Tools

 
昨年の9月29日に行ったTRIXのライブがDVDになりました。
当時のライブレポもどきはこちら。
 
発売日(12月26日)に購入して、この日にようやく鑑賞。
こんなに遅くなったのは……バカ面した自分が映ってるかもしれないと思って、観るのが怖くなってたから。
買っちゃったんだからさっさと観ればいいのにね(苦笑)
 
……DVD楽しかったー!!
ストさんの客席乱入など、ライブのときにはよく見えなかった箇所をバッチリ見ることができて大満足。
CCDカメラで撮った手元の映像はベーシストにはたまらないでしょうね。
「Recollection」のメロディ3パターン、ちゃんとそのまま収録されてた^^
本編で演奏された“電動ヅラ”の2曲もしっかり入ってます。
 
そして、特典映像として、MCがほとんど収録されてる!
やはりTRIXのライブDVDとしてはMCは必須ですな(笑)
 
アンコールの「サムライ」で4人とも客席乱入するところも入ってると良かったなあ。アンコール収録は次回のDVDに期待っ。
 
 
そうそう、自分はほんのちょっとだけ映ってました。
といっても、顔の判別ができなくて、知ってる人が見れば分かるかな?程度。よかったよかった。

2008.02.19

誕生日

今年もまんまとその日を迎えました。
この文章書いてるのは2/25で、今更なんだけど^^;
 
当日の夜、帰宅したらみづほさんからのプレゼントが届いてました。
 
ハンカチ2種
 
可愛い&素敵なタオルハンカチです。とっても好み。
ありがとうございます!
大事に使わせていただきますね。

---------------

あ、そういえば、「365日に一度の舞」を舞い損ねた(謎)

2008.02.12

『チーム・バチスタの栄光』

『チーム・バチスタの栄光』
監督:中村義洋
主演:竹内結子、阿部寛
 
海堂尊による原作は既読。このシリーズ好きです。
不定愁訴外来に勤める神経内科医・田口と、厚生労働省の中のよくわかんないけど偉い人(←説明適当すぎ)・白鳥が、心臓のバチスタ手術にまつわる死亡事件に関わっていくのですが……
 
原作では男性だった田口が女性になってて、観る前から軽く不信感。
田口と病院長との関わりが希薄でもったいない。
ソフトボールのシーンは冗長?
 
でも、天才的な外科医役の吉川晃司が思ってたよりも好演だったし、廊下に座り込む竹内結子は女性ならではの表現でよかったと思います。
 
阿部寛の白鳥は、別作品のあの人やこの人に似てたり……ゲフンゲフン
奇天烈なキャラを演じるととてもうまいのは認めるところですけど。
もしかして演出としても似せてるのかなあ。食事のシーンのユーモアとか。
 
 
ちなみに、読了後の個人的イメージは、田口=堺雅人、白鳥=田口浩正でした。他の方々のご意見をお聞きしたいな。

---------------

4796661611チーム・バチスタの栄光(上)
「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫]
海堂 尊
宝島社 2007-11-10

by G-Tools
4796661638チーム・バチスタの栄光(下)
「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫]
海堂 尊
宝島社 2007-11-10

by G-Tools

2008.02.03

『アメリカン・ギャングスター』

『アメリカン・ギャングスター』
監督:リドリー・スコット
主演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ
(R-15)
 
1970年代のニューヨークで、ヘロインの密輸をして巨大な力を手に入れていく麻薬王(デンゼル・ワシントン)と、バカ正直なまでに職務を遂行する刑事(ラッセル・クロウ)の物語。
両者とも実在の人物だそうです。
 
ところどころに出てくる台詞が格好いい。
上記リンク先にもある「列に並べ、……」ってのは特に。
最後のほうでデンゼル・ワシントンが教会から出てくる場面にはぞくぞくしました。あのシーンもう一回観たいー!
 
上映時間は2時間45分とのことですが、長さは全然気になりませんでした。
リドリー・スコットはやっぱりうまいなあ。
 
この映画、エンドロールのあとに1シーンあります^^

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »