2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008.05.17

マクドナルドのCMに伊東さんが…!(その2)

昨夜テレビをぼーっと見てたら、見慣れた人とそのサックスの音色が現れて……
 
うわー、マクドナルドのコーヒーのCM新バージョンじゃないですかー!
しかも今回はT-SQUAREの他の3人も出てます。ファン必見!
新CMの話なんて全く知らなかったですよ。
衝撃のあまり、時が止まってリアルで(゚д゚)←こんな顔をしてしまった(笑)

そのCMはこちら。
  →マクドナルド プレミアムローストアイスコーヒー
 
ぃやっふぅぅ!(マリオ風)といわんばかりにジャンプしてはしゃいでる河野さんが良いですね。
さりげなくいい位置に立ってる坂東くん。
安藤さん、リーダーなのに目立たなさすぎ(苦笑)
 
キャプションでは「T-SQUARE SUPER BAND」となってます。
CMを見たときそこに目が行ってしまい、渚で踊っている人たちの中に豊雪さんやストさんがいるのかと思ってしまったのは私だけでいい。(なぜベーシストのみなんだw)
 
スクェアの公式サイトでは告知がないんですねぇ。もっと宣伝すればいいのにな。
デビュー30周年記念で「T-SQUARE SUPER BAND」名義のニューアルバム『Wonderful Days』は今月21日に発売。
もうじきもうじき^^ 楽しみで仕方ありません。
 
ああいう身軽な格好で、ライブのときにメンバー全員で客席乱入してほしいなー。
目指せTRIX!(笑)
 
---------------
 
フュージョン関係のブログのお友達、とくぅ~さんが早速今回のCMについて書かれてました。さすがです^^
 
伊東さんのCMについての当ブログの前回の記事はこちら。

『ミスト』

久しぶりに映画観に行ってきました。
前回は『ライラの冒険』、2月23日。ほぼ3ヶ月ぶり。
観たいものがいろいろあってチェックしてたのに全然行けなかったorz
 
 
『ミスト』
監督/脚本/製作:フランク・ダラボン
主演:トーマス・ジェーン
 
スティーヴン・キングの中編「霧」を原作とした映画。
この小説はゲーム「サイレントヒル」の元ネタの一つでもあるそうで。知らなかったなー。
「霧」を読んだのは随分前。内容ほとんど忘れてました。
そのおかげで、展開が分からないまま映画を堪能できたのは幸か不幸か。
 
霧の中にいる何物かとの攻防。スーパーマーケットに立てこもる人々。真の恐怖。
うまい演出に感心する場面がいくつもありました。
いや、感心してる場合じゃなくて、ホラー映画等にお約束の「そんなことするなー!」だとか「志村、後ろ後ろー!」などと心の中で叫ぶようなシーンの最中だったりするわけですが。
 
フランク・ダラボンは『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』の監督でもあります。しかし、あのような系統の感動作品だと思って見に行くと裏切られるので要注意。これはR-15指定ですし。
 
ここまでやりきれない気持ちを味わう映画は久しぶり。エンドロールの後半がそれに拍車をかけてました。
とはいえ、割と良かったです。2回目をすぐに観たくなったりはしないけど。
 
---------------
「霧」はこちらの本に所収。
 

4594002846スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
スティーヴン キング 矢野 浩二郎
扶桑社 1988-05

by G-Tools

---------------
 
スティーヴン・キングは高校の頃にはまっていろいろと読みました。
キング原作の映画で一番好きなのは『デッドゾーン』
ホラー映画以外では『スタンド・バイ・ミー』 『ショーシャンクの空に』がお気に入り。

5月も流れるように過ぎて

ふと気づけば5月も半ばを過ぎていて(ry
 
ということで近況報告。
 
・仕事がやたらと忙しい
・寒暖の差が激しすぎて体調を崩してばかり
 (寝るときに毛布一枚でもいいような暖かい日の翌日、真冬用布団+電気毛布が必要になるとか……ってこういう気候は毎年のことだけど)
・22時頃には寝る毎日が続いてた
・左肩だけものすごく肩がこる (これは4月上旬からの症状)
 
肩は朝起きたときから痛かったりするし、激痛のあまり数分のあいだ身動きできなくなったりすることがしばしばあるので、かなりたちが悪い感じ。ただの肩こりじゃないかもしれない。
でも整形外科に行けそうな日には痛くならないんだよなー。行く気になれん。
始まった時期が時期だし、やっぱり仕事のストレスなのかなぁ。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »