2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at STB139 | トップページ | 写真集 『CAPE LIGHT』 »

2008.08.12

6~7月に観た映画

ブログのサブタイトルにも掲げているとおり、「映画観たよ報告」(決してレビューとは呼べませぬ)は主要コンテンツのひとつなのであります。
しかしこの数か月のサボりかたはひどいな……
書けずにいたら溜まってしまったので、一気に書いちゃいます。
では、7本まとめてどうぞ^^^

 
『ザ・マジックアワー』
三谷幸喜作品には好きなものが多く、映画は無条件で観に行ってしまいます。
この作品はいい意味でやりすぎだったな。
三谷さんが書いたあの台詞回し、佐藤浩市さんのあの“演技”……お見事。
それにしても「マジックアワー」があんな意味の言葉だったとは。
 
 
『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
ペベンシー兄弟姉妹、特にエドマンドとルーシー、成長したねぇ!
(と、親戚のおばちゃんのように感心してみる)
世間ではカスピアンがカッコイイとか言われてたようですが、映画ではヘタレ王子にしか見えなかったんですよね……
原作のカスピアンとの年齢の違いが原因でしょうね、多分。
 
 
『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』
ドラマ「相棒」は数回しか見たことがないんですけど、映画を観た知人が「面白かった!」と言ってたので観にいくことに。
確かに面白かったです。小ネタがいろいろあったようだから、ドラマのファンならもっと楽しめただろうな。
人物設定が甘い気がしたのは残念。
西田敏行さんと寺脇康文さんを見た瞬間、2日前に観た『ザ・マジックアワー』での怪演を思い出して、何ともいえない気持ちになりました(笑)
 
 
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
インディ・ジョーンズシリーズ大好き!(´∀`*)
新作が劇場で観られると知って、昨年からwktkしておりましたw
とりあえず、字幕版と吹替版で1回ずつ鑑賞。
インディの吹き替えは村井国夫さんか磯部勉さんがよかったです><

インディシリーズらしからぬシーンで始まり、インディが登場したときには「あー、ハリソン・フォードも歳とったなー…」なんて思いましたが、それもつかの間。
あとは昔のようにアクションシーンてんこもりだし、敵は妙に魅力的だし、あの人はやっぱりチャーミングだし。あんな展開になっても無問題です!(愛が強すぎかもしれん…)
ラストシーンにはニヤッとさせられました。インディ最高!
そしてエンドロールで流れるレイダース・マーチ。これをその場で聴くためだけでも観る価値があったなー。

マーカス・ブロディ役のデンホルム・エリオットは亡くなってるんですよね。お元気ならぜひ出てほしかった。今作でのマーカスの扱いには笑いながらも泣きそうになりました。

このシリーズを見たことがないかたは、1作目の『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』を先に見るのをお勧めします。『クリスタル・スカルの王国』はその続編のようなものなので。
 
 
『クライマーズ・ハイ』
日航機墜落事故……ちょうど23年前の今日起こった事故でしたね。
あのときの報道の様子、あまり鮮明ではありませんが覚えています。
その事故を題材にしたこの映画は、とても重く、とても熱く、観ごたえがありました。
堺雅人さんの演技が断トツで良かったな。目の力に圧倒されましたよ。
原作を読んでから行ったのですが、それぞれにいいところがあって両方とも良かったです。
 
 
『崖の上のポニョ』
電波ソング並みに破壊力がある主題歌に負けて観にいってきました(笑)
内容は良くも悪くもストレートでした。
ポニョと宗介のまっすぐさに気恥ずかしくなってしまった……
きっと、観にいったお子さまたちには直球ど真ん中なんだろうな。汚れた大人になってすみません(苦笑)
宮崎駿監督はどうしてあんなに小さい子を描くのがうまいんだろう。あと、食べ物を美味しそうに描くのが実にうまいな、と。
 
 
『ハプニング』
監督が『シックス・センス』のM・ナイト・シャマランということで、妙に期待したり身構えたりしてしまうわけですが。
サスペンス映画として結構好きですよ、今回の作品。
(鈴藤にはホラー耐性があります。そういうのが苦手なかたは要注意)
禍々しい場面がたくさんあってデートムービーに向かないこと間違いなし。
ところどころ謎のカットがあったので、裏設定のようなものがあるんじゃないかと思ったりする今日この頃。
---
(8/13追記)
シャマラン作品について書くのって難しいなあ。書きたいことの1割も書けてないや。
そういえば、この映画を観て映画館を出たところで、何もない歩道のど真ん中でじっと立ってる男の人がいましたよ。瞬間的にぞっとした^^;
 
 
観たい映画が次々と公開されていきますなー。次はどれにしようかな。

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at STB139 | トップページ | 写真集 『CAPE LIGHT』 »

コメント

お久しぶりです。
超がつくくらい久々なので忘れられてないかドキドキです。DVD借りたい時にはリンドウさんのブログを見て決めていますhappy01
「これ観たかった」って思うのを大抵観ていて感想付きなのですごく参考になります。
見逃しも減ったし。今はバタバタしていますが、落ち着いたら、秋の夜長にDVDを借りに行こうかな。…年末になったりして…

>さとさん
お久しぶりー。
忘れることはないけど、返事が遅くなってしまって私のほうが忘れられそうなのがアレです(苦笑)
映画に関しては、こんな感想でゴメンナサイという状態。しかもupが遅いし。
観にいったらすぐに書くようにします><
(という気持ちだけはあるんですけどね……)

秋の夜長に映画、いいですね。
年末にまとめて観るのもいいですね^^
私が書いてないもので面白かったのがあったら、ぜひ教えてくださいまし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/42151122

この記事へのトラックバック一覧です: 6~7月に観た映画:

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at STB139 | トップページ | 写真集 『CAPE LIGHT』 »