2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at Back Drop | トップページ | 和泉さん、STB139に緊急出演の巻 »

2008.10.16

そのブログを、愛そう。

なかなか記事が書けなくて悪循環に陥ってる鈴藤ですこんばんは。
もはやスランプっていうレベルじゃないような。
 
ここ数か月、このブログへの愛が薄かったかも。
思い返してみれば、今まで運営してきたからこそいろいろな方と知り合いになれて、新しい友達もできたんですよね。
明らかに感謝が足りない。自分のブログをもっと大事にしよう。
 
ということで、タイトルの言葉となるわけです。
映画『容疑者Xの献身』のキャッチフレーズを予告で何度も見たのがきっかけだったりしますが(苦笑)
 
 
読んでくださる方々のために、
何より自分のために、
書きたいことは書いておこう。
 
日記じゃなくて月記になってるけど気にしない!
 
 
 
今の私にはこれを書くのが精一杯ですorz >16日に会うお二人へ

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at Back Drop | トップページ | 和泉さん、STB139に緊急出演の巻 »

コメント

悪循環ってなに?

16日はお会いできなくてすいません。
義務になっちゃうくらいなら、無理して書く必要は無いと思います。
でも、和泉さんのコンサートがどんな感じだったかは知りたいので、心に余裕が出来たら書いちゃってくださいね。
まあ、年末のときにお話で聞くでも可ですが(^_^;。

鈴藤さん、大丈夫ですよ。
レポートは、楽しみにしていますが、
それが、遅くなったり、のらなかったとしても、
負い目に感じる必要は、まったくないですよ。
ご自身のブログを、ご自身のペースで、
楽しんでほしいです。
野音ですが、行くことができましたよ!

すんません、月記ドコロの騒ぎじゃないほど滞ってますorz
うちのblogもちゃんと再開しないとなー ^^;

>お魚さん
こちらこそ、あんなふうに書いてしまってすみません。
休めるときにはゆっくり休んでくださいね。

お二人の素晴らしいレポに圧倒されて、自信を無くして追い詰められたような心情になってました……
でも何とか和泉さんのライブについては書くことができたので、リハビリだと思って他のことも書いていこうかと思います。


>かいさん
随分気が楽になりました。ありがとうございます。
趣味で書いているものですもんね。
ゆるく続けていく方向で運営していこうと思います。

野音堪能されたのですね!
よろしければまた感想等お聞かせください。


>yanmaさん
大丈夫ですよー。
もう季記とか年記でもいい気がしてきました。
雑誌類にも、日刊・週刊・旬刊・月刊・季刊・年刊などがありますし。
閉鎖しないことがブログへの愛、ということで。
お互いに無理のない運営をしましょう^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/42802695

この記事へのトラックバック一覧です: そのブログを、愛そう。:

« 和泉宏隆トリオ 『A SQUARE SONG BOOK』ライブ at Back Drop | トップページ | 和泉さん、STB139に緊急出演の巻 »