2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 雨の日はコスモスを見に | トップページ | 京極夏彦の講演会 »

2009.10.16

秋なので秋山郷へ

秋の山を眺めに、長野と新潟の県境にある秋山郷へ行ってきました。

ここは秘境として知られていて、Wikipediaの日本の秘境100選にも入っている場所。数年前の冬、大雪で道路が閉ざされてしまって陸の孤島になり、全国的なニュースになったところです。
 
長野側 >秋山郷観光協会
新潟側 >越後秋山郷
 

 
長野から国道117号を走って新潟県に入ったところが津南町。しばらく行ったところで右折して国道405号に入ります。
今回のドライブの目的その1が、この国道405号なのです。
 
国道405号の標識
 
T-SQUAREのアルバム『WAVE』に「Route 405」という曲があるんですよ。ネタとして一度は走っておいたほうがいいかと。
この国道をイメージして作った曲じゃないことは承知しておりますw
 
そこから少し行くと看板が。堂々とした秘境ですね。
 
「秋山郷」の看板
 
しばらく行くと道路が車一台分の幅になります。その先は大体そんな感じ。
片側が崖で、ところどころガードレールがない場所があるので、運転は普段より慎重に。
途中、大型バスと2回鉢合わせになって、広いところまでバックしてやり過ごしました。怖かった……
 
景色はいいけど道狭い
 
山道-集落-山道、の繰り返しで、人里に入るとホッとします。
右手に何やら大きな施設が見えてきたので入ることにしました。
 
 
萌木の里・栃の実館
 
萌木の里というところで、温泉やレストラン、売店などが揃っています。宿泊もできるんですね。
ドライブの最後にどこかの温泉に寄ろうと思ってたんだけど、ここの露天風呂が気になってしまったので、入っていくことにしちゃいました。
 
露天風呂への道の入口
 
桃源の湯(内風呂)と山彦の湯(露天風呂)、両方が一日入り放題で500円。フロントで入湯券を購入して、いざ露天風呂へ!
ここの露天は施設から離れた場所にあるそうで、2分ほど歩くと着くとのこと。
営業時間が「10:00~日没」ってのがアバウトで良いですな。
 
露天風呂への道1
 
こんな道を歩いていくと……
 
露天風呂への道2
 
奥に建物が見えてきた。
 
露天風呂入口
 
着いたー。ここが山彦の湯です。
左側が女性用で、建物前の石段を登って入ります。段差があるので、男性用のほうからは見えないという仕組み。(もちろん女性側から男性側のほうも見えないようになってます)
 
中に入ったらおばちゃんが2人いて、ちょうど出て行くところでした。挨拶したら「お湯がぬるいから湯冷めしないようにねー」とのこと。
ということで露天風呂独り占めです! やったね!
 
服を脱いでロッカーに預けようとしたら、
 
20円用
 
……20円用だと!?
財布を見たら、10円玉は1枚のみ。100円玉ならあるんだが。
財布のほかにもデジカメなどの貴重品をいろいろ持ってきてました。車に置いてくればよかったよ。
ここまで来て戻るのも面倒だし、どうせ他の人もそんなに来ないだろうと思って、隣にあるただの棚に荷物を放置。
 
さて、他の人がいないチャンスということで温泉の写真撮っちゃうよー。
 
山彦の湯・女性用
 
すごく……開放的です……
湯船まで10メートルほどの距離があって、裸で歩いていくのにちょっと抵抗がw
上記サイトの写真を見るかぎり、見晴らしは男性用のほうが良い感じ。
お湯はかなりぬるめでした。あとで成分表示を見たら、源泉40.1℃、使用位置38.0℃とのこと。
 
ぬるいし、他の客が来ないしで、上がり時が分かりませんw
ぼーっとしながら露天風呂を心ゆくまで堪能しました。
結局、他のお客さんは来ませんでした。さすが平日。素晴らしい。
 
山彦の湯をあとにして、せっかくだから入っておくかということで、内風呂の桃源の湯へ。
こちらはお風呂自体はごく普通でしたが、大きなガラス窓から谷の向こう側の山がよく見えて、かなり景色がよかったです。
こちらでも、最初一人いたお客さんが出て行って、途中から独り占め^^
 
 
さて、ゆっくりしすぎたのでドライブ再開。
 
新潟と長野の県境
 
しばらく行ったところで県境に。ただいま長野県。
帰るときにはUターンしてまた新潟を通るんですけどね。
 
今回の目的地として、カーナビに「のよさの里」というところをセットしておきました。ビューポイントって書いてあったので。とりあえずそこへ向かってみることに。
で、着いた。
 
のよさの里
 
ここ、特に見晴らしよかったりしませんよ……?
どうしたんだカーナビ。何がしたいんだカーナビ。
ということで帰ります。
 
深い谷
 
ここも国道405号
 
谷底に建物が点々と見えるんだけど、そこまで行く時間の余裕はありませんでした。
やはりもっと早く家を出るべきだったか……
 
 
途中の店
 
焼だんごの文字に惹かれて、道の途中にあったお店に入ってみました。
 
焼だんご
 
お餅が大きくて、だんごというよりは五平餅っぽい。
ちょっと固めだったけど味噌が香ばしくておいしかった^^
 
 
「秋の日は釣瓶落とし」という言葉のとおり、すごい勢いで日が暮れていく中、急いで秋山郷をあとにしました。真っ暗ですれ違うのに苦労するような山道は運転したくないですからね。
あの温泉良かったなー。いつかまた行きたいです。

« 雨の日はコスモスを見に | トップページ | 京極夏彦の講演会 »

コメント

鈴藤が運転するの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40895/46513283

この記事へのトラックバック一覧です: 秋なので秋山郷へ:

« 雨の日はコスモスを見に | トップページ | 京極夏彦の講演会 »