2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2006.09.21

同志がいない気がする瑣末事

今日は、これまでヒミツにしていたとある性癖を書いてしまおうかと思います。
やーん。ちょっと恥ずかしいかもー。

続きを読む "同志がいない気がする瑣末事" »

2006.05.19

ミステリの始祖といえば

毎日のように図書館へ来る女子生徒が、すごい勢いで司書室に入ってくるやいなやこんな報告をしてくれました。

「江戸川乱歩ってエドガー・アラン・ポーから名前を取ったの!? 知らなかった!」

あー、知らなければびっくりするかもなー。
両者の本が読みたいとのことだったので、代表的な作品が入ってる短編集を手渡しておきました。「二銭銅貨」「心理試験」「人間椅子」とか、「黒猫」「黄金虫」は基本よね。

この女子は萩尾望都のファンだそうで、『ポーの一族』の登場人物・エドガーとアランの名前の由来からたどって、この事実を知ったそうな。
うーむ。『ポーの一族』がまた読みたくなってきたじゃないか。今度買ってこよう。

---------------

ところで、別の人が以前こんなことを言ってましたよ。

「エドガー・アラン・ポーが日本に帰化して江戸川乱歩になったんだよね?」

これはすごい。小泉八雲みたいだ(笑)

2006.03.04

卒業式。

今日は勤務校の卒業式の日でした。
卒業する学年の子たちとは2年間の付き合いでしたが、それなりに充実した時間を共に過ごせたのではないかと思います。
就職してから何度も立ち会っている行事ですが、毎年感動しますなー。


「お世話になりました」って挨拶に来る生徒と在学中最後の会話をしたり、
卒業生に花束を渡して一緒に記念写真を撮ってる在校生を微笑ましく思ったり、
その勢いで告白しに行こうとしてる女子がいて甘酸っぱい気持ちになったり(笑)

いやー、いいですね若いって(謎)


新しい世界へと羽ばたいていく卒業生に幸あれ。
元気で頑張れ~。

2006.02.14

チョコレートもろた

といっても、ひとかけらですけどね。
(当方、女子です。性指向はヘテロですっ)←何もこんなところで言わなくとも

女子同士でチョコレートを送りあう、「友チョコ」ってのが一般化してるようですねー。
そういうことが行なわれてるのは知ってたけど、こんな名前がついて大々的になってるとは知らなかったなあ。

その友チョコでもらったというチョコレートを、女子生徒からおすそ分けしてもらったというわけ。
手作りのガナッシュでした。おいしかった~(笑)

2006.02.13

蔵書点検終了~

土日を挟んだせいか、月曜日は身体的にはとっても楽でした。

点検終了後、行方不明本の一覧を出力しようと思ったら……
……あれ?
「該当なし」だって。つまり一冊も行方不明になってないということ。

それはオカシイぞ。何となく。
昨年は250冊以上が行方不明になってたのに。
PCが信用できない~。

ま、ヒトの感覚なんていい加減なもんですからのー。
そういう結果が出たならそうなんでしょうな。私の手違いがなければ。
行方不明のものがなければそれに越したことはないんですけどね。

2006.02.09

激務の一週間

今年もまた魔の一週間を迎えております。
いわゆるひとつの蔵書点検期間なのです。
バーコードリーダー片手にひたすら「ピッ」「ピッ」とバーコードを読む仕事。単純作業だけど回数が多いのでめまいがしますよ。


今週の月曜日にスタートして今日で4日目。過労死の20歩手前っぽい。<微妙
本を掴んだりして酷使してるのは左腕のはずなのに、なぜか右肩の痛みがヒドイです。もはや肩こりは持病なのかしらん。

この4日間で点検したのは約12,000冊。
終わるのは来週の月曜の予定。実質あと2日間だー。
明日を乗り越えたら土日で休みだー。
がんばれー。ふぁいとだ、りんどおー。(魂抜けそう)


このブログのバックナンバーを見てみたら、昨年も同じようなことを書いてました。これで歳をとらなければ「サザエさん現象」なのになあ。

2006.02.01

2005年度の人気本

たまには学校のことでも書きましょうか。
くらげさんのブログで「2005年度人気本。」ってことで今年の貸出冊数ベスト3を挙げられてたので、同じようにうちの図書館のデータを載せてみます。(タイトルその他、まねっこでごめんなさい)

続きを読む "2005年度の人気本" »

2005.12.19

生徒が可愛く見えるとき

仕事をしてたら、見知らぬ生徒がやってきてこう言いました。

「せんせー、折り紙ある?」

何に使うのかと訊いてみたら、「折り紙やりたい~」とのこと。
館内装飾用の折り紙セットが手元にあったので渡したら、
「ありがと。できあがったらあげるねー」だって。
図書館にあった折り紙の本を見ながら、友達と一緒に楽しげに折ってました。

数十分後。
完成した作品をいくつか私にくれて、その子たちは図書館を出て行きました。


ん~。いまどきの子たちにも幼そうで可愛いところがあるんだなあ。
―― などと思ったのですが、それは

その生徒たちが男子だったからです(笑)


それはそうと君たち、テスト期間中なのではないのかね?
……現実逃避かも(苦笑)

2005.11.16

悪戯というか何というか

昨日のエントリ(ウォーリーの話)で思い出したので、突然ですが、

図書館で遭遇したことのある悪戯 ワースト3。
(…といいつつ順位はつけないけど)

続きを読む "悪戯というか何というか" »

2005.11.15

ウォーリーがいない

ウォーリーといえばあれです。本です。
『ウォーリーをさがせ!』です。(リンク先は『新』ver.だけど)

このシリーズ、最初の巻が出たのは1987年だから、もうかなり前ですね。
しかし昔も今も子どもには大人気。
もちろん高校生にも人気のシリーズなのであります。


今日も2人の女子が「『ウォーリー』の本ないですかー?」と尋ねてきました。
まずはPCで蔵書検索。貸出はされてないので、館内にあるはず。

だが。

本 棚 に な い  orz


手続きしないで無断で持ち出されたか、貸出時のデータが飛んだか。
ウォーリーは今どこにいるんでしょうか……(泣)


こういった行方不明の本、ものすごくたくさんあります。
返ってくるのに期待しつつ、とりあえず他館から借りて対応するかな…。

より以前の記事一覧